わかっているようでわからない数と図形と論理の話 (学術選書)

  • 26人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 西田吾郎
  • 京都大学学術出版会 (2013年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876988617

わかっているようでわからない数と図形と論理の話 (学術選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 和図書 410/N81
    資料ID 2013101048

全1件中 1 - 1件を表示

西田吾郎の作品

わかっているようでわからない数と図形と論理の話 (学術選書)はこんな本です

わかっているようでわからない数と図形と論理の話 (学術選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わかっているようでわからない数と図形と論理の話 (学術選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わかっているようでわからない数と図形と論理の話 (学術選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

わかっているようでわからない数と図形と論理の話 (学術選書)の作品紹介

足し算の計算法や長方形の面積の求め方は、小学校で習う当たり前のこと。しかし、「なぜ1+1=2なのか?」「そもそも面積とは何か?」と問われると、きちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。本書は、高校や大学初学年で学ぶ数と図形と論理の数学から、当たり前のようで実はきちんと理解されていない10のトピックスを取り上げ、丁寧に解説します。

ツイートする