学術書を書く

  • 134人登録
  • 3.67評価
    • (5)
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 京都大学学術出版会 (2015年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876988846

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
エラ・フランシス...
ジャレド・ダイア...
ベン・ホロウィッ...
アンソニー・B・...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

学術書を書くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今時の論文と電子化の距離感。
    普遍的。

  • 学術書って、どのように作られているのでしょうか。
    本書は「二回り、三回り外の読者に届ける」をスローガンに、その本の売りや、対象とする読者、可読性といった実践的な視点を含めた「学術書の書き方」を考えるものです。
    学術書が専門外の人々も対象とした知的成果物ではなく、ポストを勝ち取るためだけのツールになってしまっているのではないか。
    専門分化が過ぎるために、情報が情報のまま、同じ言葉が通じる専門家の間でのみ流通し、
    知識として一般に理解可能な形で流通しなくなっているのではないか。
    こうした危惧のもと出版された本書は、構造化された知識のかたまりとして学術書を捉え、研究者間のコミュニケーションの手段である学術論文との違いを示しながら、研究成果を出版する際の工夫についてわかりやすく説明しています。
    「二回り、三回り外」の人たちに、自分の研究を伝える際のヒントにもなるかもしれません。

    (ラーニング・アドバイザー/図情 KOMINAMI)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?bibid=1673872

  • 学術書を書く学者に限らず、広く物書きにとって有益

    自然体で作るとほとんど読まれない学術書をできるだけ多くの人に読んでもらうにはどうすれば良いか。
    本書はそのためのノウハウや考え方を知ることができる良書だ。
    レポートやプレゼン資料にも応用できる部分が多々あり、一般の社会人が読んでも役に立つ。
    本書自体も大変見やすく、読みやすくできており、おすすめできる。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:021.3//Su96

  • 学術書の執筆について考える・執筆技法・刊行について
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 021.3||SU
    【OPACへのリンク】
    https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=172998

  • 「“Publish and Perish”──ただ書いても評価されない時代に,読まれるものをどう書くか。学術コミュニケーションの変遷とその本質的問題まで立ち返って,読者の措定,編成と記述の在り方,読まれるための演出の方法など,原理的・実践的に論じた初めての手引き。生き残りをかけたすべての研究者・研究機関必読。 」
    http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2053


    【目次】

    序章 Publish or Perish からPublish and Perish の時代へ──なぜ,学術書の書き方を身につけるのか 001
    1 Publish or Perish (出版か死か)と学術出版の疲弊 002
    2 Publish and Perish (出版しても救われない) 時代の到来 009
    3 電子化時代の「仕分け」と技法・作法 011
    4 本書の使い方 013

    第I部 考える──電子化時代に学術書を書くということ

    第1章 知識か「情報」か──電子化時代の「読者」と知のあり方 017
    1 「プレ電子化時代」の学術メディアと読者 018
    2 学術書と教養主義,あるいはリベラル・アーツ 022
    3 電子化・オンライン化の訪れと「読者」の消失 024
    4 知識か「情報」か 027
    5 オンライン化,特にオープンアクセスの可能性と学術書ライティング 029

    第2章 知の越境と身体化──学術書の今日的役割と要件 033
    1 越境する知──新しいパラダイムを志向する研究の活性化 034
    2 体系的な知の習得は必要ないか──学,識,技の習得のために 037
    3 実利としての教養──「読書人」恐るべし 039
    4 学術書で何を書くか──学術メディアの仕分けと要件 041
    5 教科書・教材の未来と本 044

    第Ⅱ部 書いてみる──魅力的な学術書の執筆技法

    第3章 企画と編成──読者・テーマ・論述戦略 049
    1 読者を想定しテーマを決める──主題は自明か? 050
    2 書き出しの章と研究史の扱い──編成の留意点 #1 058
    3 章と章の統合,序章のあり方など──編成の留意点 #2 061

    第4章 可読性を上げるための本文記述と見出しの留意点 065
    1 「重複」は可読性を最も下げる 066
    2 「気弱な記述」を避ける 069
    3 領域的,制度的な記述スタイルをどうするか 071
    4 専門的な概念や用語,数値をどう示すか 072
    5 見出しを工夫する 075

    第5章 多彩な要素で魅力的に演出する 081
    1 本を彩るさまざまな要素 082
    2 コラム──本文へ導く 082
    3 注──本文を補足する 087
    4 用語解説──基本を摑ませる 089
    5 多彩な要素をボックスで洗練させる 091
    6 写真──魅力的なキャプションで本文を補完する 095
    7 図表──作成意図を明確に 098
    8 各章のリード・キーワード・扉──章の特徴を際立たせる 10
    9 付録で理解を助ける 101
    10 その他のさまざまな工夫 106

    第Ⅲ部 刊行する──サーキュレーションを高める工夫と制作の作法

    第6章 タイトルと索引──冒頭と末尾に示すメッセージ 109
    1 魅力的なタイトルをつけるために 110
    2 メッセージが伝わる索引作り 117

    第7章 入稿と校正の作法 — 合理的な制作のために 121
    1 書籍組版と印刷の世界──パソコンでの執筆とは違う 122
    2 合理的な印刷入稿のための十の留意点 126
    3 ミスのない校正のための六つの留意点 132


    おわりに──学術書を「書く」ことと「読む」こと(2015年8月 著者記) [143-147]

    参照文献・参照事例 [148-151]
    索  引 [152-155]

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784876988846

全8件中 1 - 8件を表示

学術書を書くを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

学術書を書くの作品紹介

“Publish and Perish”──ただ書いても評価されない時代に,読まれるものをどう書くか。学術コミュニケーションの変遷とその本質的問題まで立ち返って,読者の措定,編成と記述の在り方,読まれるための演出の方法など,原理的・実践的に論じた初めての手引き。生き残りをかけたすべての研究者・研究機関必読。

[推薦]佐藤文隆氏(元日本物理学会会長・京都大学名誉教授)
ネットの整備と高等教育の変革の中で,学術出版や研究機関の情報サービスも転 換が迫られている.オンライン化の無秩序な進行は同時に多様な editing,研究機関のリポジトリ,特化したテーマでのグローバルな結びつき,などの新たな可能性を生んでいる.本書はこの学術出版環境 の大きなうねりの考察と,これを新たな知の構築に結ぶ実践的な教習本である.大学出版会にながく関わった執筆者のユニークな視点は,黒子が表に出た感もある指南書だ.論文が読まれない,研究が理解されないと嘆く前に,本書を読んで欲しい.

ツイートする