他人が子どもを育てるとき―里親と暮らした50人の今

  • 10人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 武井優
  • かもがわ出版 (2000年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876995271

他人が子どもを育てるとき―里親と暮らした50人の今の感想・レビュー・書評

  •  良書。冒頭にて著者は里子の由来や始まり、里親制度のあらましを述べており、読者はその概要を踏まえた上で、時代別に分類された里子のケースに触れていく。各人1200字程度に手際よく纏めてある。また、里子の言動や発言に見られる著者の鋭い洞察も含めて読み応えがあった。(実在の苦労体験を読んで「読み応えがあった」とは語弊があるやもしれないが)それぞれ一二行程度だが、かといって著者の目で不必要にフィルタリングされているものでもなく、あくまで発言者の行動や考えを裏付けるものだった。里親を同じくする里子や、かつて里子だった人が里親になった場合など、連関するケースも挙げられていたり、また戦前戦中に里子時代を過ごした人の体験を挙げられている点でも貴重だと思う。八十歳を過ぎた方の里子時代の話なんて中々見かけませんものね。切れ味のいい書き方が気持ちいい。里親制度に興味を持たない方にも、例えば子育て中の方に読んで頂きたい一冊です。

  • 分類=里親。00年6月。

  • ゼミの先生から紹介されて手にした本。施設での暮らしと温かい家庭での暮らしの違いが理解できる。広めよう、里親の輪。ゼミでこのテーマを選んでよかった☆

全3件中 1 - 3件を表示

他人が子どもを育てるとき―里親と暮らした50人の今はこんな本です

ツイートする