勝負の極北―なぜ戦いつづけるのか

  • 27人登録
  • 3.90評価
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • クレスト社 (1997年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877120511

勝負の極北―なぜ戦いつづけるのかの感想・レビュー・書評

  • 再読。日常の些事も含めて真剣勝負と思ってかかることの中に悟りがある。大切なのは毎日の工夫を続けること。考え続けること、モチベーションを保つことこそ重要。
    秀行さんの生き方はあっけらかんとしていて豪快。まさに、勝負師。奥様もスゴイ。

  • 稀代の将棋指しと破天荒な碁打ちの対談集。秀行先生の破天荒は行動はめちゃめちゃ面白すぎる。特に奥さんとのエピソードは必見。普段社会の歯車だなと感じている人には、決してできることのないエピソードで、何らかのカタルシスを得ることができるだろう。

    でも、この本の中で、一番感銘を受けたのは、この対談の中で出てきた三浦元棋聖のエピソードにあったこの言葉。
    『三浦が言うには、強くなるということは、貯金することだそうです。勝つということは、貯めた貯金を全部下ろして、一気に使い切ることだそうです。使い切って空っぽになる。』

全3件中 1 - 3件を表示

勝負の極北―なぜ戦いつづけるのかはこんな本です

ツイートする