孤独がきみを強くする

  • 169人登録
  • 3.88評価
    • (6)
    • (10)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 岡本太郎
  • 興陽館 (2016年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877231958

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッチェン・ル...
西 加奈子
恩田 陸
宮下 奈都
アーノルド ベネ...
平野 啓一郎
佐々木 圭一
百田 尚樹
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

孤独がきみを強くするの感想・レビュー・書評

  • -- 制約されるからこそ、内にたぎり、反逆する --
    彼はふつうのなりをする。現代を受け入れつつそれをはね返すために。

    うまく言えないけど、無目的的であるとか無意味だとか無価値とかそういう「無」とつくものはそう悪いものではなく、むしろその逆よりも本質的で純粋なのだなと思った。
    岡本太郎はペットという表現が嫌いだという。彼は一時期カラスと一緒に暮らしていた。(飼っていたのではない)
    そのカラスにウイスキーの水割りを与えたらそのカラスが酔っ払ったというエピソードは笑った。

  • まわりの目に動ぜず,自分自身にも妥協せず,誇らかに己をつらぬきとおす「孤独」。ありのままの自分を堂々と社会に押しだし続けた岡本太郎氏の言葉の数々は,私たちにも「孤独」に生きる勇気を与えてくれそうです。

  • 孤独がきみを強くする/岡本太郎

    詩のような感じで書かれているので読みやすい。すごくエネルギッシュな言葉がたくさんあり、読んでいてエネルギーをもらった。
    また読みたい。
    今がすべて。勝って結構負けて結構完全燃焼全力を尽くす!

  • どうやって孤独を耐え抜くのかという本かと思いきや恋愛についての経験論が多数。この人結構女好きなのでは。それって全然孤独じゃないよね〜?先生、真逆ですよ。本当の孤独を知らないと見た。

  • 世の中には数多くの岡本太郎さんの言葉を集めた本があるが、自分がこの本を良いと思ったのは、まず発言のエッセンスがあり、その後にその解説的な説明が書かれている事。

    他の本でも取り上げられた発言等もありあまり目新しさはないが読んだ時の立場や気持ちによって読む人の受け取り方が変わってくるように感じる。

  • タイトルに惹かれるであろう人たちが「聞きたかった素晴らしいメッセージ」が無数に散りばめられた本。しかし、ほとんどの人には、岡本太郎さんのような生き方を選択する勇気がないだろう。そしてそこに容赦なく切り込む言葉の数々。グサッと刺されたい人にはおすすめです。

全8件中 1 - 8件を表示

孤独がきみを強くするを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孤独がきみを強くするの作品紹介

群れるな。孤独を選べ。

孤独はただの寂しさじゃない。

孤独こそ人間が強烈に生きるバネだ。

たったひとりのきみに贈る

激しく優しいメッセージ。

岡本太郎、最新生き方論。

プロデュース・構成 平野暁臣(岡本太郎記念館館長)

孤独がきみを強くするはこんな本です

ツイートする