恋する暴君 (5) (GUSH COMICS)

  • 850人登録
  • 4.31評価
    • (148)
    • (103)
    • (48)
    • (2)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 高永ひなこ
  • 海王社 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784877241292

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋する暴君 (5) (GUSH COMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本編のポップな話とはうって変わってちょっとだけシリアスな『ぼくたちの失敗』。凄く印象的でこの話で終わりかもしれませんが、もうちょっとだけ続きを読んでみたいです。

  • memo: ペーパー、掛替えカバー

  • 森永兄の話がやや暗めでよかった。幸せになれるといいな。

  • 先輩がかなりデレてきてる(*´∀`*)森永兄と真崎さんのお話がまさかこうなるとは…。この後どうなるのか気になる…。

  • 「「開けてーカギを開けてー心のカギをー!!」
    ついに宗一との同居にこぎつけた森永。めくるめく「ひとつ屋根」生活を妄想するも、肝心の宗一の部屋にはいまだ強固にカギがかかり、一歩も部屋に入れない。つまり、同居してからまだ!一度も!させてもらっていないのだ…! それでも、それにまさる幸せを森永が日々かみしめていたある夜、カギが…開・い・て・る…? 突然訪れた夜這い(v)のチャンス! 我慢も限界の森永は…!?(出版社より)

    森永・兄と親友・真崎の話「ぼくたちの失敗」収録。

  • 兄さん…ずいぶんエロくなりました( エロアリ★★)

  • 【レンタル】

    わぁお…先輩の2ヶ月のカナダ出張、なんだか【心の旅】って感じだなぁ(笑) ずっと一緒に居た分、離れて考える相手の事はずいぶん新鮮なんじゃないかしら?

    しかしエロ要素がたくさんで美味しい巻だ…(*´Д`) 4巻も好きだけど、5巻も捨てがたい(笑)
    先輩のツンは、90%くらいまで下がった気がする♪

    そして森永(兄)と真崎の番外編が入っててギャッ!となった。 痛い展開しか想像出来なかったけど、予想以上に苦しかったな…(´・ω・`)
    そして真崎攻めに密かに萌えた☆

  • 今回は今までとは雰囲気がちょこっと違い…
    攻が毎回通りもんもんしてるかと思いきや、受がもんもんもやもや。
    でもそんな受を急かさないで包み込んであげてる攻めが素敵+.゚(o´∪`o)゚+.゚

    てゆうかんじて本編は、いつもは終わりがちゃんとすっきりしてるんですが、今回はしゃきっと終わった感じではく続くって感じで終わりました。次に期待ですね!

    そして、今回私が衝撃的だったのは…
    番外編です!!
    こちらは恋する暴君の主役である森永(攻)のお兄ちゃんと、その親友のお話なのです、が。
    読んだ方はご存知かと思いますがその親友はなんと、昔、森永と付き合っていたという、お話を語るには欠かせない人物なのですね。
    しかし、脇役は脇役なのでこれまで私は全く眼中になかったわけです。
    しかしこのお話を読んで、この二人のお話もっと読みたくなりました!!((*´д`人´д`*))
    もともと暴君もチャレンジャーズの脇役キャラのお話ですが、さらに脇役からこんなに萌える話を描くことができるなんて素晴らしすぎますっ!!

    あと、メルヘンチックなおまけ漫画もありこちらは本編のキャラのパラレルで面白いですwww

    今回は番外編もありおまけもあり、いろいろなタイプの話が読めてますます良かったです。
    いろんなタイプの話が描けるのだなぁと高永さんを改めて素晴らしいと思った一冊です。

  • 近すぎると見えないものだよね!ってことで、離れたことにより宗一がぐらぐらしてる…ッ!//萌えるわ!(^q^)

  • せっかく同居までこぎつけたのに、兄さんカナダに行ってしまい早くも別居状態です。森永の「開けてーカギを開けてー心のカギをー!!」が不憫で、でも笑ってしまった。
    でも、この別居は二人にとっては関係を考え直すのに(兄さんは関係があることに気がつく)、いい機会になったみたいです。

    今回、すばらしく萌えました!何しろ話の殆どがベッドの上を占めています。4巻がエロ的にあっさりめだったので、よけいに濃厚に感じられます。
    高永センセも言われているように、兄さんがフィジカルに成長を遂げようとしています。あの、兄さんのあんな姿やこんな姿が拝めるなんてまだ先のことだと、むしろもうありえないんじゃないかと思っていました。ところが蓋を開けたらひとりHにツンなしハードHと、激しい読者サービスがてんこ盛りで萌えまくり、狂喜です。
    そして心情面でも、あんなに森永を突き放しておいて、兄さんいざ異国で独りになったら考えるのは森永のことばかりじゃありませんか。胸キュンものでした。
    「後。」が濃厚でエロくて大満足。兄さんが色っぽくて目が釘付けになりました。ここまで開発した森永の努力と諦めない心に拍手です。言葉責めが際立ってます。ここはCDで聴きたいところ。そして何度もガン見してしまった…

    パラレルSS「灰かぶり姫」おとぎ話のプリンス森永ステキです。姫のドレス着ても、やっぱり兄さんは兄さんのままだった。磯貝が…!やっぱりクロくて笑った。

    番外編「ぼくたちの失敗」はシリアスなストーリーで、国博と真崎のせいか、大人め。本編とものすごくカラーが違うので、途惑うかも。高校生の時には、真崎も国博も青かったんでしょうね。平気で人を傷つけてしまえる年頃でした。国博は常識的で人の気持を推し量る配慮に欠けていたかもしれません。でも、互いに成長して大人になって不器用ながらも理解しあえるようになったのが救いです。これからは国博が真崎のこれまでの苦悩をしっかり受け止めて、前向きな関係が築けたらいいなと、つくづく思いました。

全40件中 1 - 10件を表示

恋する暴君 (5) (GUSH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋する暴君 (5) (GUSH COMICS)のKindle版

ツイートする