オガクズで愛が満ちる (ガッシュ文庫)

  • 126人登録
  • 3.21評価
    • (5)
    • (13)
    • (34)
    • (10)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 夜光花
制作 : 水名瀬 雅良 
  • 海王社 (2006年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877245306

オガクズで愛が満ちる (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

  • オガクズというより爆弾抱えてる受け。年下攻めが年下の可愛さと攻めらしい男らしさを持ってて萌えた。

  • 年下ワンコ攻めは好き設定なのですが…(;・∀・)警察に言ったりする前にもう少し玲人さんと話したりして欲しかったな。最後このあとどうなるのか気になる…。

  • ★4.5。夜光さん初読でしたが、食わず嫌いだった「トラウマ受/サスペンス風」の魅力がわかったかも。

    一見物腰が柔らかそうなのに幸薄で追い詰められて心が壊れて行く受が、不憫で不憫で萌えました。

    そして何より!ヘタレじゃない包容年下わんこ攻!拒絶されても絶対に手を離さずに何度でも好意をぶつけ、受を守ろうとする騎士のような攻がストライクでした。
    途中で仲違いして距離を置いてしまうBLが多い中、受の暴走をビンタで止めて、ラストも絶対に受を行かせるまいと体当たりで「一緒に死ぬ」とまで言ってくれる攻、かっこ良すぎです。

    再読。★4.5。この重さ、ハードさ、トラウマ、記憶喪失、刃傷沙汰、自殺未遂、美人受を救おうとする包容力ありまくり(そしてがっつきまくり)の年下攻…と、私の好きな要素がてんこ盛り。完全解決のハピエンではなく、攻が命懸けで入水自殺を食い止め、ようやく長い長い夜が明けたようなところで終わってるので、ラストの余韻がたまりません。この攻がいればきっと今後も大丈夫だろうと思えたので、私にとっては希望あるラストでした。何より良い年下攻だった…。

  • 年下ポジティブわんこ×ネガティブエロいお兄さんというど真ん中にうはうはしつつストーカーこわい。鳥羽くんすき!

  • 印象にないです。
    ごめんなさい…

  • 親の遺した喫茶店のマスター・三沢玲人は、過去に関わった凄惨な事件以降、自分は他人と接することが苦手で恋愛ができないと思っていた。
    しかし玲人は、何かと世話を焼いてくる大学生のバイト・鳥羽秀一だけには心を許していた。
    ある晩玲人は、酔った鳥羽に抱かれてしまう。
    鳥羽の熱い気持ちにほだされて身体だけの関係が続くが、過去の事件が玲人を再び臆病にさせて…。

    ==================

    攻っ子もある意味ストーカーな年下ワン仔♪でしたが可愛いですな!!

  • 秀一が超頑張っててキュンとします.

  • 喫茶店マスター×大学生のバイト。年下攻めです。凄惨な事件に関わったという過去を持つ喫茶店オーナーは何かと世話を焼いてくるバイトの大学生に徐々に心を許していくが、過去の事件が再び日常を脅かし始めて・・・。夜光花さん大好きです。

  • キャラがうわぁな感じであまり入り込めませんでした。沸点の低いキレやすい受けと優しいけど無神経な攻めってなんかタチが悪い…かな?

  • 夜光花さんのガッシュ文庫での初作品です。
    毎度の事ながら、サスペンス色を織り交ぜたストーリーは読み応え十分です!
    今回、初の年下モノだそうですが、イイ!
    犬系の鳥羽と猫系の玲人、どちらも素敵です。
    これまで夜光花さんの作品を読んだことがある方でも、ない方でも、ぜひお手にとってご覧下さい! オススメです!

  • ●あらすじ●

    親の遺した喫茶店のマスター・三沢玲人は、過去に関わった凄絶な事件以来、自分は他人と接することが苦手で恋愛ができないと思っていた。しかし玲人は、何かと世話を焼いてくる大学生のバイト・鳥羽秀一だけには心を許していた。ある晩玲人は、酔った鳥羽に抱かれてしまう。鳥羽の熱い気持ちにほだされて身体だけの関係が続くが、過去の事件が玲人を再び臆病にさせて・・・。
    </br><a href="http://blsenka.seesaa.net/article/18639373.html" >感想を読む</A>

全11件中 1 - 11件を表示

オガクズで愛が満ちる (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オガクズで愛が満ちる (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オガクズで愛が満ちる (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする