青水無月 (ガッシュ文庫)

  • 170人登録
  • 3.30評価
    • (13)
    • (20)
    • (43)
    • (14)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 水原とほる
制作 : 稲荷家 房之介 
  • 海王社 (2006年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877245344

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

青水無月 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

  • ★2.0。愛じゃなくて母親代わりに依存してるだけにしか見えない二重人格の攻がさっぱり理解出来ず、愛を錯覚してる受の思考もさっぱり理解出来ず、ただひたすらに高瀬が可哀相なお話でした。後半の受には嫌悪感すら抱いたほど。しかし攻が指示した輪姦は元々輪姦シチュが好きだからか、そもそも攻と受に感情移入してないからか、平気でした。ヤンデレはやはり愛に基づいてないと萌えないなと再認識しました。だから水原さんの兄弟モノでも「春の泥」は好きなんですが。

  • 血が繋がった兄弟もの。禁断に禁断を重ねて、もう大変なことに。
    堕ちて壊れてしまった兄の変貌ぶりが痛々しい。
    離れていた年月の間に弟が負った心の傷への引け目から
    DVを甘んじて受け入れ……いつしか歪んだ愛情に。
    単なる共依存じゃね?と思わないでもないけど、
    たとえ病んでても愛があるようだし、
    本人がそれを望んでるんだったら、これでいいのかな。
    個人的には10年以上片思いしてたのに報われない親友とくっついたのが、
    幸せだと思うんだけど……。

    あとがきイラストの狂犬弟に押し倒される兄の図が可愛かった♪
    それにしても「兄さんは俺のものだ」て大好き♪

  • 「兄さんが、欲しくてたまらない」両親の離婚で離れ離れになった弟・達也と十年ぶりに再会した陸実。医療機器メーカー勤務の陸実は、父親が死に、身寄りをなくした学生の達也と同居することになった。陸実は兄弟の失った時間を取り戻そうとするが、その晩突然達也に荒々しく身体を開かれてしまう。それ以来夜ごと一方的に陸実を犯しながらも、翌朝は別人のように優しく接してくる達也。陸実は達也のその不安定さを放っておけなくなり…。

  • 備考:実兄弟/弟×兄/両親の離婚/再会もの

  • 親の離婚で離れ離れになって育った兄弟の禁忌の愛です。
    弟の方がDVの父親に引き取られていたので、抱えているものが深く重い。
    暴力的に兄を抱いて離さない、執着の愛です。
    子供の頃に受けた暴力や言葉の傷は深くその人の人格に係わってくる。本当にそう思いました。
    皆、愛されたいんですよね、一人でいいから只愛されたい。
    愛があればどんな破綻した関係も修復できると思いますし、乗り越えられるのではないのかなと。
    水原先生の究極の愛ってそこじゃあないのでしょうか。。。

  • 青水無月(GUSH2005年7月号~8月号に掲載) 
    半夏生(書き下ろし) 

    水原さんのお話らしく(笑)相変わらず暴力的な行為等がありますので苦手な方にはお薦めしませんm(_ _)m

  • 完全兄弟モノで弟×兄。暴力ありでちょっと痛い?弟の感情が若干ハッキリしないかな~と思えた。
    兄は、あるモノをあるがままに受け入れる諦念が強いタイプ?なようで。それなのに弟だけは離せないって思えるらしいから、それはそれで幸せだろうとは思った。
    作者さんがあとがきで言ってるように、2人で完結してる世界だけで考えると幸せな2人かな。

  • 落ちるところまで落ちていく兄弟。終始病んでます。

  • 攻めも受けも病んでる気がします。
    痛さはかなり。。。

  • ずっと探しててようやく発見!病んでてごちそうさま。兄の病みっぷりがとてもよい

  • ★2.5
    出版日2006/07 読了日:?

  • 2008年4月13日

  • 実の兄弟もの。へたれ兄受・鬼畜弟攻です。
    兄弟もの大好きだけど、激しすぎるDVはちょっとアレでソレです…。でも堕ちていく感じがとても(゚∀゚)イイ!!

  • 兄弟もの。禁忌プラス攻めの弟君はかなりな曲者で鬼畜です。

  • 兄弟物です。弟×兄。
    身体も心も痛かったです

  • 結局お兄さん壊れちゃったよね

  • 「兄さんが、欲しくてたまらない」 両親の離婚で離れ離れになった弟・達也と十年ぶりに再会した陸実。医療機器メーカー勤務の陸実は、父親が死に、身寄りをなくした学生の達也と同居することになった。陸実は兄弟の失った時間を取り戻そうとするが、その晩突然達也に荒々しく身体を開かれてしまう。それ以来夜ごと一方的に陸実を犯しながらも、翌朝は別人のように優しく接してくる達也。陸実は達也のその不安定さを放っておけなくなり…。

  • 両親の離婚をきっかけに離れ離れになった兄弟の再会後のお話。重いです。題材も暴力描写も心理描写も。ピンチに陥る主人公(受)も、他のBL小説なら「どーせここで攻が助けに来るんでしょー(呆)」となるところが…容赦ナシ(;´ー`) 互いの他の全てを棄てるという事が、こういった描写等の書き込みから真実味を帯びてくる気がした。

  • 兄を異常なまでに求める弟とだんだんとそれを受け入れる兄という兄弟愛の痛いお話です
    絵は稲荷家房之介さん

全24件中 1 - 24件を表示

青水無月 (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青水無月 (ガッシュ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青水無月 (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青水無月 (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする