私と猫と花の庭 (ガッシュ文庫)

  • 37人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (2)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 月宮零時
制作 : みろく ことこ 
  • 海王社 (2007年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877245726

私と猫と花の庭 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読み作家さん。

    攻め視線で語られる話が心地いい。
    私有地である丘の上の花が咲き乱れる庭を持つ半引きこもり画家と高校生話。

    ただのストーカーと思いきや実はその高校生は自分を知っていて、、、。


    緩やかに時間が流れていくような話でその中で画家の過去が少しずつ現れて、そしてそれにつれて高校生の方の秘密?も出てくる。
    庭が縦軸になっているせいか、柔らかい印象の作品だった。

    難を言えば挿絵が子供っぽすぎる。当時はこういうかわいい系の挿絵が流行っていたのかな?これがもう少し大人っぽければ☆4つにしたかも。残念、、。

  • 私と猫と花の庭 
    (GUSH2007年2月号・3月号に掲載) 
    続・私と猫と花の庭 
    (書き下ろし)

全2件中 1 - 2件を表示

私と猫と花の庭 (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

私と猫と花の庭 (ガッシュ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする