龍と竜~白露~ (ガッシュ文庫)

  • 111人登録
  • 3.59評価
    • (7)
    • (16)
    • (18)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 綺月陣
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 海王社 (2007年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877245733

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

龍と竜~白露~ (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 幼い子供がかわいいとあまり思えなくて、
    それは先々の次郎との話を先に読んでしまったから。
    ちょいちょいエロにさらされて無自覚媚態を
    みせてくるから、嫌なくらい。
    龍の毒母の思い出が、まー長々と語られるページ
    は物語のつくりとしてどーかと思うわと白々と
    思う。
    おっ、と思うギミックもエロもなく、
    新鮮味の全くない本であった。
    挿し絵はエロい。

  • ヤクザの世界の厳しさがちゃんと描かれていて、リアリティあり好感持てる。

    ただ、あとがきの内容はちょっと悲しかった。

    ヤクザ関係者も読んでいるんだよ。たとえばヤクザの娘さんとかね。だから、面白い物語を読ませてくれたあとに。。このあとがき読んだら、それが世間の真実だとしても、悲しい気持ちになってしまうよ。

  • 今回はヤクザがらみですれ違い…
    やはり2人が一緒に生きていくのは難しいのか…
    だけど腹をくくった竜城は男前!!

    そして龍一郎の兄弟分・次郎
    颯太にデレデレだけど、まだまだだね。
    頑張れ次郎!!

  • 龍一郎と暮らし始めても、相変わらずカフェとホストのバイトを続ける竜城。そこには竜城なりの男としての矜持や、自分は893ではなく一般人なのだという一線を画したい気持ちが見え隠れしています。
    極道の嫁として、まだどこかふんぎりがついていない竜城です。
    カフェをクビになったことで、龍一郎にあたりちらしちゃったりしています。
    竜城にとってみれば、愛した男がたまたま極道だったわけで、相変わらず893は嫌いなまま。

    それでも、二人の絡みシーンはどんどん濃厚になっています。新婚そのもの!横に寝てる颯太を起こしてしまい焦るシーンなんかはリアルでちょっと微笑ましかったりします。仲良くて幸せそうだなと。

    ところが、竜城には極道の嫁として、避けては通れない厳しい試練の道が。一般常識では考えられないような事態に竜城は不安をつのらせます。
    やっぱり、竜城は893というものを少し甘く見てましたね。
    やわな心臓では、龍一郎についていくことはできません。
    それに、一度その世界に足を踏み入れてしまったら、もう二度と元には戻れない恐ろしさもあります。
    893らしい立ち回りや見せ場は少ないですが、ちょっとしたところに常識を逸脱したものを見せつけられ、どきっとさせられます。

    救いは、竜城が男だというところです。見かけによらず強靭でしなやかな心の持ち主。
    龍一郎の生い立ちを知ったのが、決め手ですね。龍一郎も悲惨な状況から893に救われ、そこに自分の居場所をもらったという深い恩義を感じているのです。
    竜城もまた、自分の居場所をもらい、その上深く愛されています。
    そして大事な颯太の幸せを考えれば、もう結論はただ一つなんですよね。

    竜城は自分も極道の世界にいることを認め、龍一郎の嫁として姐さんとして、覚悟を決めようとします。すごい葛藤があっただろうなと思わせるところがよかったです。
    エロ的にもハードで濃厚。次郎は、龍一郎がツンツン姫の竜城に振り回されているのが気に入らなかったんじゃないかな。竜城の気持ちを疑っていたように思います。でも、「龍の宝玉」で二人のラブっぷりに本気だということを納得したみたいですね。竜城には迷惑で非道なHだけど、ものすごく893っぽくて萌えました。

    あとがきまんがで颯太の小悪魔にキュンキュンきました。

  • 龍と暮らし始めてもなお、ヤクザが苦手であるという一般市民の感覚を捨てきれない竜城でしたが、龍の過去やアクシデントにより変化していってますね。龍とヤクザがイコールで結ばれている以上、それをどう受け入れていくかは竜城の問題ですから。龍がヤクザになった経緯は、ヤクザBLではありがち設定ですがそれでもやはり痛さを感じます。『龍の宝玉』のあの3ぴー未満はBL的サービスですか?もちろん、楽しませていただきましたが(笑)

  • タイトルからして龍と竜の続編。
    今回は、龍がヤクザだからこそ起こる色々な出来事。竜城は20らしいしいくら覚悟が出来ていたといっても、まだまだだよね~。
    やっぱりあんまり感想が出てこないかも…Orz

  • ハートフル万歳!!
    と叫びたくなるような本です。
    出会えて良かった(*^^)v
    BL本のカテゴリーを逸脱した本だと思います。
    第二段なので第三段楽しみに待ってます!!

  • 続編、必要だったでしょうか?今回、エコ要素が少なく、非道モードが全開?それって幸せ?う〜ん、微妙だなあ。

全9件中 1 - 9件を表示

龍と竜~白露~ (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

龍と竜~白露~ (ガッシュ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

龍と竜~白露~ (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

龍と竜~白露~ (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする