倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)

  • 55人登録
  • 3.36評価
    • (1)
    • (6)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 綺月陣
制作 : 榎本 
  • 海王社 (2007年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877245917

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 綺月さんの書く性格男前で美形なカッコいい男の子が好きだ…『倒錯者の告白』読了。タイトル通りに、性的にかなり傾いている二人の男が偶然出会ってしまうと過剰な性行為に行き着く、と言うお話でもあるが、純粋に相手への愛する気持ちをベタな台詞で書かれても鼻白まない希有な作品。嵐がとにかく男前な性格なので、東間に対して過剰なくらいに愛していると求める台詞を口に出されても辟易しないのが凄いところ。これは綺月さんの作風にも通じていると思うが、よく言われる「くさい台詞」がこんなに捻くれたBL読みの私が読んでも「くさい」と感じない不思議…自分で気付かずに心の奥底に加虐趣味を持っていた男の前に、被虐趣味を自覚する機会がなかった美貌の青年が現れて、かちりとピースがハマっちゃったんだな~。ギブ・アンド・テイクがこれほど上手く行く相手にはなかなか巡り合えないもんだよ…

  • 合意の上なのであまり痛くなかった。

  • ブログ感想あり

  • 久々に綺月さん「鬼畜?」と期待して買ったんです、私。ところがどっこい、こちらの作品は性的倒錯者同士(ぶっちゃけSとMの変態同士)の再会愛&ノーマル更生物語でした。変態さんが普通の人になっちゃうお話です。

全5件中 1 - 5件を表示

倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

倒錯者Aの告白 (ガッシュ文庫)はこんな本です

ツイートする