愛賊 -貴公子、盗まれた純潔- (ガッシュ文庫)

  • 31人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : かんべ あきら 
  • 海王社 (2007年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877245955

愛賊 -貴公子、盗まれた純潔- (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大正時代で、新聞社社主(受)と怪盗(攻)がメインのお話です。

    最初は、無理やりで、だんだん受けが流されて・・・ってな感じでお話が進んでいきます。

    私としては、いまいちでした。

  • [特別高等警察官×新聞社社主]

    先が読め、意外な展開もなにもなかった。
    萌え要素は特になかった。

    普通でした。


    ************************
    ☆あらすじ☆
    舞踏会の夜、帝都を騒がす怪盗に唇を奪われる
    ―それは誇り高き新聞社社主・葉室雅純の人生における初めての屈辱だった。
    社の威信を懸けて怪盗を追った雅純は張り込みの際、更に純潔まで奪われることに。
    「見知らぬ男に犯されたら、貴様は夜道も歩けまい」怪盗に媚薬を使われ、束縛された雅純は淫らに甘く啼く。
    明けて翌日、雅純の許を特別高等警察の上杉が訪れた。彼は雅純の痴態を写した写真を携えていて―!?

  • 特高の刑事×新聞社社主

    気が強くて、案外抜けている社主が可笑しくて
    一気に読んでしまいした。
    大正時代風で、怪盗なんかがでてきます。
    ま、だいたい怪盗の正体なんてのは最初から
    予想はついてしまうんですが、それでも
    最後まで突っ走ってくれるのは流石です(笑)

  • 大正時代もの。前半部分の張り込み中の受けは「バカ」なんじゃ…、ってな部分もありますが、まあ許容範囲です。後半は面白かったです。かんべさんの描いた特高警察の制服着用のイラストもかっこいいです。

  • 10月25日購入<br><br>

    すげえタイトル。
    (BLにかぎらず)怪盗ものは好きなので期待大。<br>
    -----------------<br>
    …えろ濃い目であった。主人公は縛られたり放置されたりいろいろ大変です。怪盗モノの要素はほとんどありません…

全5件中 1 - 5件を表示

愛賊 -貴公子、盗まれた純潔- (ガッシュ文庫)はこんな本です

ツイートする