神官は王を恋い慕う (ガッシュ文庫)

  • 110人登録
  • 4.00評価
    • (15)
    • (19)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 吉田珠姫
制作 : 高永 ひなこ 
  • 海王社 (2007年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877245979

神官は王を恋い慕う (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

  • (感想)

    まだかまだかと思った婚儀がやっと終わって一安心だよ…。

    婚儀を挙げるにあたって両親のことを思い出す冴紗。
    本当なら王の許しをへて墓参りに行ければいいのですが
    無理と解っているので我慢していたのですが、
    王女の後押しもあり黙って墓参りに。
    そしてすぐに帰るはずが…

    途中でこの国の宝ともいえる飛竜の卵が盗まれる現場に遭遇。
    竜に事の手紙を持たせ、自分は無謀にも1人で後を付けていくのです。
    そうして捕まっちゃうわけですが…
    連れて行かれた先はその卵を盗むように仕向けた隣国の王。
    その王、実は自分の婚儀に主席するために来ていたはず。
    助けに来た羅剛に対しても開き直った態度。
    そうして宝を返して欲しければ跪け!と。

    はい、この王はまだ自分が手にしている宝がどんなものか解ってないのです。
    (というか、本当の宝の存在が!!)
    羅剛が膝を付き取り返した宝・冴紗の存在を。
    まっ、この王は後々苦しい思いをすることになるのですがそれはまた次で。

    そうしてやっと、やっと2人の婚儀ですよ。
    長かった~っ!!

    と、シリアスなお話ばかりっぽい感じですが
    途中には冴紗の真面目(可愛らしい)な悩みもあったんですよ。
    後を付けてた冴紗ですが知らぬうちに見知らぬ地へ。
    そこで偶然にもそこの娼婦たちと出会うわけです。
    そして羅剛のためにと閨でのノウハウを教えてもらう冴紗。
    それを実践しようと羅剛にまたがるのですが…
    とにかく閨に関しては真っ白なお方。
    冴紗は少しずつ羅剛に開かれていけばいいんだよね。

  • 前回が戦争なら、今回はイザイラのお国の宝である『飛竜の卵』盗難事件。
    しかも冴紗、これを単独で取り戻そうと奮闘。
    いやもうちょっと頭使おうや……神官さま。
    世界最速の騎乗を誇るイザイラだけの乗り物なんですから、なにも飛竜に手紙だけ託して飛ばさなくても、

    自分で飛ばしんさいよ……。

    と、後で冴紗さまご本人も、返す返すご後悔なさってますが、戦慣れしてないなよやかな神官さまでいらっしゃるので、無理そうです。
    で、変装姿でなんとか聖虹使と見破られずに拉致された冴紗さま。
    殴られ蹴られても羅剛さまのためならなんのその。
    窮地に陥っても、どうせ羅剛さまが暑苦しく飛竜を駆って助けにくるんでしょ……。
    という期待通り、まぁ見事に暑苦しいご登場。
    あまりに期待取りの行動に、こっちのテンションがあがります。
    まさに水戸黄門的展開。
    序盤見逃しても、40分あたりからの格闘シーンから紋所の流れだけでお腹がいっぱいのあの感じ。

    今か今かと待ってたらキタ―――――――!!!

    ご恒例の冴紗さまのご尊顔披露シーン。
    あー、やばい、もうお腹いっぱいかも。
    病みつきです、このシリーズ。
    私と同じ意味ではまり込む方、絶対いると思う……。

  • 羅剛と冴紗は、一緒にいるより離れてる方が萌えるww
    最初のラブいシーンより、羅剛が城を出た後の方が俄然おもしろかったw

    マリッジブルーな冴紗、婚礼前の里帰り、結婚式のお話
    前作は羅剛が危ない目にあってましたが、今回は冴紗が命の危機にさらされるという!…もえました

  • めでたし、めでたし。

  • 大好きな神官シリーズ第三弾、今回は婚礼編です。

    爆愛 熱愛 溺愛 と二人のラブラブパワーはさらに
    パワーアップしております!

    今回は冴紗様の視点。
    婚礼月に入ったマリッジブルーな天然冴紗様が巻き起こす
    大騒動に国中が右往左往してます。

    天然もここまでくると
    「王妃のお立場を御自覚くださいませ!!」
    と誰か小一時間ばかりお説教する人間が必要だと
    思いますが、二人のラブラブ度を堪能する為の
    必須アイテムと思えば、これもまたよろしいかと(笑)
    将来の旦那様を心配のあまり発狂寸前まで追い込んで、
    必死の捜索の末何とか救い出され無事結婚式も
    済みましたから終わり良ければすべて良し♪

    とにかく何でもいいからずっと続いてほしいです。
    そしてこのとんでもなくぶっとんだファンタジーに
    浸らせていただきたい。

  • 出ました「神官」シリーズ三巻目です。とうとう受けが男なのに王妃になっちゃいます。

全6件中 1 - 6件を表示

神官は王を恋い慕う (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神官は王を恋い慕う (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする