愛の躾はアメとムチ (ガッシュ文庫)

  • 42人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高月まつり
制作 : 志野 夏穂 
  • 海王社 (2008年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877249144

愛の躾はアメとムチ (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 俺様兄×従順弟。コメディとして楽しめれば面白いです。幽霊出てきちゃうし。兄弟としての葛藤とかその辺りも軽く描いてる感じでした。弟くんはお兄ちゃん大好きだねぇ。

  • タイトル:愛の躾はアメとムチ
    著者名:高月まつり
    イラスト:志野夏穂

    ■Story■
    華道上園流・時期お家元の朱苑は、弟の満を愛していると言って憚らない、
    着物の似合うフェロモン男。
    苛めて可愛がる朱苑の愛情表現に、要領の悪い満は翻弄されっぱなしだ。
    「お前は黙って寝転がったまま、兄のテクの素晴らしさを堪能しろ」
    執拗な愛撫に優しい囁き。
    苛めなのか愛されてるのか、理解するのも難しい。
    でも、このまま意地悪で甘~い朱苑の虐待に流されてたら、
    満の人生はヤバいんです…!
    ―そんなびみょーな兄弟関係も、とある幽霊が現われて激変した…???!!

    ■感想■
    幽霊が出てこなくても、結局のところ自分中心世界の朱苑は、
    満を手篭め(爆)にしていたと思うなぁ。
    まぁ、激鈍な満が意識するには必要なことだったのかも。
    しかし…じいちゃん、やったね!!超熟年離婚じゃん!!!
    あまりの嬉しさに家族全員で小躍りしたんじゃないかって思う(笑)
    家柄を守るって大変なんだなぁ…。

  • いや、もうこの小説大好きだww
    お兄ちゃんが弟に異常なほどに構うのって好きですw
    しかもお兄ちゃんが既婚者で、子供付きってのはなかなかないと思いますw
    もともと、絵師さんが好きで買ったのですが、作家さんもかなりできる人だと感じました!

全3件中 1 - 3件を表示

愛の躾はアメとムチ (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛の躾はアメとムチ (ガッシュ文庫)はこんな本です

愛の躾はアメとムチ (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする