溺れる純愛 (ガッシュ文庫)

  • 31人登録
  • 3.54評価
    • (1)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 杏野朝水
制作 : 紺野 けい子 
  • 海王社 (2008年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877249274

溺れる純愛 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★3.0。犬猿の仲のようで実は攻→受の片想い、チャラ×堅物という好きなシチュなのに、二人のキャラが微妙に好みから逸れていたのが惜しい。受は最初からギスギスし過ぎだし、デキる攻がプライベートでの受への言動(初Hの言葉責めとか)も強気だったのが微妙にいけ好かない。最初から受を好きなのは察せられたけど、受に対してはもう少し余裕が無くなるとか、惚れてるな~という必死感があれば好みでした。そもそもどちらもゲイ(バイ)ならストレートに口説いても支障はなかったんじゃ…って言っちゃおしまいか。ラストの甘々は萌えました。

  • リーマンカップルのお話で、最初は嫌いって思っていた相手と・・・
    というお話です。
    意地っ張りなのかな・・・岸原って・・・

  • とても良かった!やっぱり最初は嫌い合っていて(一方的にだけど)……というのは楽しいですね。
    岸原かわいかった。都倉もかっこいい。
    紺野さんの挿絵もまた作品の良さを引き出してました~!

  • ★3.75
    読了日:? 出版日:07/2008

全4件中 1 - 4件を表示

杏野朝水の作品

溺れる純愛 (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする