STEAL YOUR LOVE ―恋― (ガッシュ文庫)

  • 70人登録
  • 4.03評価
    • (10)
    • (12)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 妃川螢
制作 : 小路 龍流 
  • 海王社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877249403

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

STEAL YOUR LOVE ―恋― (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人気俳優・如月柊士×No.1ホスト・不動師眞のシリーズもの1冊目です。
    高校の同窓生同士のカップルの再会ハッピーエンド編といったところでしょうか?
    お互いにいい男であろうとしているカップルって感じで
    続けて読みたくなる作品でした(^^)

  • 大嫌いスタートの同級生再会ラブ。大好物です。
    スキャンダル帝王の異名をとる今をときめく高視聴率俳優の如月は、取り巻き連中に無理やり連れて行かれたホストクラブで、高校の同級生だった不動と再会する。高校時代、成績優秀、品行方正、育ちの良さを伺わせる怜悧な風貌、孤高でストイックな生徒会長様だった不動。どれをとっても、自分がかなうものなど何ひもつなくて常に自分のコンプレックスを刺激する男だった。高校時代、すでにモデルとしてそれなりに活躍していた如月は、その華やかな見た目どおり、いつも人の中心にいる存在だった。自分と対極にある存在を常に意識しつつも、決して交わることはなかったふたり。
    代議士である父親にならって、エリート官僚にでもなっているかと思っていたのに、なぜホストなんかに?
    戸惑う如月をよそに不遜な態度を見せる不動に妙な対抗心を煽られて、飲み比べを仕掛けた如月。
    杯を重ねてわけがわからなくなっているうちに、ふと気が付くと、ベッドで不動に組み敷かれている自分。
    冗談だろ、一体何でこんなことに?!
    パニックに陥りながらも、虚勢をはって何とか切り抜けようとするが『誘ったのはお前だ』だの『男同士なんだから楽しめばいい』などと不本意な言葉を投げられて、しかも一方的に追い詰められそうになってることにまたもや妙な対抗心を燃やして、ついノリノリで応えてしまう如月。
    基本的に、ストーリー序盤で酔った勢いでうっかり寝ちゃいましたパターンは好きじゃないのだが、なんか全然嫌な感じじゃなかった。
    如月は反発を覚えながらも、仕事で嫌な事があった時、嬉しい事があった時、真っ先に不動の顔を見に行っちゃう。このツンデレっぷりがいちいちかわいい。
    加えて、不動は如月に時に手厳しく的を得た批判をしつつも、きちんとフォローを忘れない。包容力があってフェロモン垂れ流しの甘い毒みたいなら男。そして時折見せつける“ザ・独占欲”
    なんかベタにつぐベタな展開なのに、ニヤニヤが止まらなかった。両想いだだ漏れのふたり。
    『お前が悪い。俺の前に現れたりするから』…とかもう、何それ、言われてみてぇぇww

  • ホスト×俳優で再会モノ。

    学生時代はお互い気になりつつも声をかけられなかった2人が、夜の街で出会ってしまい急激に距離を縮める物語です。

    2人とも良い男なのですが、お互い刺激しあう事でより一層高みを目指せる、すごく良い恋愛を覗き見してる気分になります。

  • ⇒『STEAL YOUR LOVE-恋』
    『STEAL YOUR LOVE-愛』
    『STEAL YOUR LOVE-慾』
    『STEAL YOUR LOVE-絆』

  • リーフノベルズ「STEAR YOUR LOVE」を改題・加筆修正。
    書き下ろし有。

全5件中 1 - 5件を表示

STEAL YOUR LOVE ―恋― (ガッシュ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

STEAL YOUR LOVE ―恋― (ガッシュ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

STEAL YOUR LOVE ―恋― (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

STEAL YOUR LOVE ―恋― (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする