シェフの手ほどき (ガッシュ文庫)

  • 28人登録
  • 2.85評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 伊郷ルウ
制作 : 水名瀬 雅良 
  • 海王社 (2008年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877249595

シェフの手ほどき (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

  • イケメンフレンチシェフ×新人J系アナウンサー

    ・・・・・惜しい。「ヴィシソワーズが冷えるまで」と「タルト・タタンが焼けるまで」の2つの話。

    まず、最初の出会いからくっつくまでの「ヴィシソワーズ~」
    受けの姿勢がまず嫌。
    仕事に対する姿勢がホント読んでて気分悪くなるのは好みなので他の方には特に引っかかる部分じゃないかも。
    あと、ヒガミ根性にお子様丸出しの思考回路になんか読んでて受けには興味持てなかった。
    が、しかし。
    攻めのイケメンっぷりで辛うじてww

    寧ろ「タルト・タタン~」はどうしてこうなったといわんばかりの受けのデレっぷりwww
    一生懸命さや好き好きっぷりは別人のようで。
    短編としてこれだけ読むともう可愛いじゃないかと、いいじゃん甘々でろでろで!!!
    相思相愛でもうめためたでなんも考えず読めるからストレスフリーだし。

    ということで、再読するとしても「タルト・タタン~」だけ読むかな。

  • 雑誌掲載作品とのことで、簡単に二人ができちゃっていたのでハラハラする感じがなかったのが残念です。
    まぁ、爽やかにあっさりと読める一冊です。
    正直、もうちょっと突っ込んで書いてほしかったのですが難しいのですかねぇ。
    アナウンサーがJ系とかだったらもっと…と、設定がおいしかったのに…。

  • 攻:花房亮一郎(三十代前半)
    花房料理学校の御曹司でフレンチのシェフ。
    隠してはいないが、公言もしていない真性ゲイ。

    受:赤木英俊(23歳)
    ジャニ系ルックスを煽てられアナウンサーとしてTV局に入ったものの、なんの基礎もできていないまま一年を過ごす。
    同期入社のメンバーが次々と仕事に就き焦りを感じ始めていた頃、料理番組のアシスタントの仕事をすることに。

    パパッ!と言ってしまえば、そのルックスの可愛さでちやほやされて、ちょっと勘違い気味のプライドを育ててしまった英俊が、アナウンサーとしてTV局に入ったものの、発声・発音・話し方の基礎もできていないために仕事が回ってこずに最初の挫折感を味わっていたワケですよ。

    そこに「イケメン・シェフとアシスタントの料理番組」の話しが舞い込むが、「料理」をすることや「料理学校の御曹司でフレンチのシェフ」を相手にすることも舐めきってたんですね(^0^;)

    そこで花房亮一郎から「仕事に対する姿勢を疑う」と言われ一念発起するも、今度は亮一郎がボディタッチしてくることが気になりはじめる。
    同僚アナウンサーから「花房亮一郎はゲイ」と聞かされたものだから、気が気じゃない。
    「俺に下心があるのか?」と訊ねると「そうだ」という。
    花房を突っぱねるが、突然キスされてしまい・・・!?

    というストーリー。

    例によってヤマが低く、これは「シェフ萌え」を狙った作品なのかな?と思ってる。

    続編「タルト・タタンが焼けるまで」では、英俊が完全乙女モードに!
    ちょっとしたことで仕事に自信を失くし、挙句、「花房に捨てられる!」と号泣するシーンもあって、もう・・・ダメぽ。

    絵面はすっごくイイんだけどねぇ (゜ー゜;)

  • 【感想】
    シェフきたァァァア!
    やばい!萌える!!(笑)
    シェフ最高!!!

    【あらすじ】
    新人アナウンサーの英俊は、料理番組のアシスタントに抜擢された。講師としてやってきたのは、料理学校に勤める花房亮一郎。華麗な身のこなしと少々気障な挨拶で奥様方を虜にする亮一郎だが、実はゲイ。過剰なスキンシップに眉をひそめつつ「俺に下心があるのか」と英俊が問うと、甘い言葉で口説いてくるのと同時に腰を抱かれ、唇を奪われた…!新人アナウンサーは美形シェフに料理されてしまうのか。

  • [料理講師×新人アナウンサー]

    雑誌掲載文に大幅な加筆という事ですが
    それでもかなり展開が速いです。

    それでもまぁまぁ楽しめました。
    序盤の亮一郎がかわいらしかったです。

    ************************

    ☆あらすじ☆

    新人アナウンサーの英俊は、料理番組のアシスタントに抜擢された。
    講師としてやってきたのは、料理学校に勤める花房亮一郎。
    華麗な身のこなしと少々気障な挨拶で
    奥様方を虜にする亮一郎だが、実はゲイ。
    過剰なスキンシップに眉をひそめつつ「俺に下心があるのか」と
    英俊が問うと、甘い言葉で口説いてくるのと同時に
    腰を抱かれ、唇を奪われた・・・!

全5件中 1 - 5件を表示

シェフの手ほどき (ガッシュ文庫)はこんな本です

シェフの手ほどき (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする