禁断症状 (ガッシュ文庫)

  • 45人登録
  • 2.73評価
    • (0)
    • (2)
    • (14)
    • (4)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 紗名マリエ
制作 : 梨 とりこ 
  • 海王社 (2009年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877249809

禁断症状 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不完全燃焼。
    触手の正体が明らかになってないということに対しては特にこだわりはないのですが、この二人の終わりというか、形が見えてこなかったです。

  • いとこ同士

    保護者がわりでもあるいとこへの恋心を自覚した大学生の主人公は、
    毎夜毎夜の淫夢に悩まされていた。
    男性との経験はないのに、触手によって翻弄され高ぶる身体。
    ある夜、淫夢にうなされていたところをいとこに発見され、高ぶった身体をみられてしまう。
    あの淫夢になにかいみはあるのか、いとこの気持ちは・・・?

    いわゆる因習ものなのですが、その因習にあまり厚みがないので、
    ちょっと物足りないといいますか・・・。
    もうちょっとこう・・・っていうか。
    どうしても因習モノかつ触手っていうとハードルが高くなってしまう題材なのでしょうがないかもしれません。
    お話自体は面白いので、これは・・・見せ方が失敗したかな、って思いますね。

  • 触手は結構苦手な部類に入るのであまり楽しめなかったです。
    内容も薄いので読んでいるうちにだんだんと集中力がなくなってきました。
    面白い本ならば、続きが気になって早く続き読みたいってなるところが、この本には全くありませんでした。
    触手好きさんが読んだとしても果たして面白いと思うことが出来るのかなぞです。

  • エロも触手もストーリーが好みでなければ、価値がないなぁ
    つうか、BLで触手って意外にないか、読んでないか、いらないか。

  • 悪くないけれど、薄く、なにかイマイチ足りなかった。

  • 触手モノでした。タイトル、プラス触手、ってことで、もっと追い詰められた感のあるお話かと思ったのですが…。エロでもなく、ヒネリもなく、深みもないお話でした。いいネタなのに、モッタイナイ…。ただ、従兄のにーちゃんの、好きな人以外はどーでもいい、というスタンスは大好き♪

  • ぜんぜん買う予定じゃなかったんですけど、うっかり手にとって裏表紙の内容紹介を読んだら「蛇のような触手の化け物に身体を弄ばれる」なんて書いてあるじゃないですか。でた、触手だ。お目当ての本と一緒に、迷うことなく持って行きましたとも、レジへ・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

禁断症状 (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

禁断症状 (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする