SLY

  • 376人登録
  • 3.12評価
    • (13)
    • (26)
    • (142)
    • (19)
    • (4)
  • 43レビュー
著者 : 吉本ばなな
  • 幻冬舎 (1996年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877281038

SLYの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先にエジプト旅行が在って、行ってみたらそのエネルギーに圧倒されて小説にせざるを得なくなった。
    あとがきにあるこのような内容の文を見て、物書きとは因果な職業なのだな、とつくづく思った。
    最初から書くつもりでその下見で向かったわけではなくても、見てしまったものを物語にするわけにはいかなくなる。見たもののエネルギーと、見た人の内側で渦巻くエネルギーと。

    エジプト旅行の描写が大半を占める小説で、最後には旅行記的な写真なども載っている。
    物語中に書かれている建物や施設はすべて実在するもので、(20年以上前の小説だから変化したものもあるとは思うけれど)旅のちょっとしたガイドとしても読めるかもしれない。エジプトに行ったことがある人や、興味のある人なら尚更楽しく読めると思う。

    主人公は清瀬という女性で、元彼の喬が登場人物たちの中心にいる。
    清瀬と付き合っていた当時に喬がバイセクシャルであることが分かって別れ、喬はその後日出雄と付き合い、そして別れ、今はミミという女性と交際している。
    清瀬、日出雄、ミミは喬と付き合ったことがある、という共通点でつながっていて、4人は実際関わりがある(むしろ仲が良いと言える)。
    そんなある日、喬がHIVに感染していることが分かり、ひょんなことから清瀬、喬、日出雄の3人でエジプトに旅行することになる。

    今すぐ死ぬわけではないけれどいつか絶対に死ぬ、というのは生きているもの全ての共通点。明日、もっと言うと1分後の命があるか分からない。でも大抵の人は、明日も明後日も1ヶ月後も1年後も生きている気でいる。
    だけど病気というものが身近にくると、やはり意識はがらりと変わる。限られたものなのだということが、リアルに迫ってくる。
    そのことに気づいてしまった喬と、喬と付き合った(付き合っている)3人。
    旅に出て、壮大なものたちに触れることで、自分というものの小ささを知る。だけど、小さな命が自分にとってかけがえのないものだ、という事実は変わらない。
    楽しく過ごしていても、不意に忍び寄る“死”という影。それから逃れることはきっと出来ないまま、それでも毎日を過ごしていかなければならない。

    色んな結果が出ないまま終わる物語なのが良かった。
    エジプトとかインドとかって行くと人生観が変わるとか言うけど、あながち嘘じゃないのかも、と思った。
    日本にいて自分の小ささに触れる機会はあまりない気がする。

    エキゾチックな挿し絵も素晴らしい。

  • 恋焦がれて、全身火傷しそうな位、大好きなエジプトの話。
    凄く綺麗な情景を文章だけでも浮かんでくるから、読んでて凄い幸せだった~!! いつか絶対に行きたい場所。

    それまでは、この本を何度も読もう

  • 死ぬことが身近になるほど、生きることが見えてくる。ずーっとずーっと昔から受け継がれてきたであろう、生命の営みを感じる話でした。目に見えない大きな力と、それに触れる瞬間。

  • 男か女かも、友達とか恋人、っていうのも超越してしまってて、魂で繋がりあってるようなこういう関係に憧れる。
    エジプトが行ってみたい国リストに追加されました。
    吉本ばななさんの文章を読むと心が洗われるー。

  • 旅に出て、そこで感じたものを小説に書き下ろすシリーズのエジプト編。
    HIVに陽性反応が出たお兄ちゃんとかつて付き合っていたジュエリーデザイナー(女性)さんとお店経営者のお兄さんが3人でエジプト旅行をして、ピラミッドとかミイラなんかを見て、死生観やら何やらをいろいろ考えるってお話。

    男性も女性もOKのHIVお兄さんのいわゆる元カノと元カレ(って言うのかな?)が仲良く旅行して、みんな大好き♪って感じは、とてもよしもとさんらしい。
    日常的な行動に大げさな意味をつけて、過剰とも言える心理的な説明を加えるよしもとさんの本は、飛ばして読むと意味がないので、案外じっくりと読まなければなりません。
    で、読み終わったあと、その過剰な心理描写に妙なデトックス感を味わえるのが醍醐味なんだよね(笑)

    エジプトには、いつか行ってみたいなぁ…。

  • HIVに感染した人物と、友人と。
    エジプトを旅するお話。
    何も解決していないなー、とおもうのにどこか情緒的。
    エジプトに行きたくなりました。

  • だいすきな人たちと一緒にいると生まれるあのきらきらとした一瞬…

  • エジプトって、こんなに生命力に溢れている場所なのかと驚いた。
    客観的に誰がどうした、ってことが描かれているというよりは、主観的に心の中の動きをひたすら描いている感じ。エジプトで見たものをどのように感じたか、感じたことに関連して過去のことや未来のことに思いを馳せる、といった心の中の変化が描かれていた。
    ラストの取材記や写真を見て、物語の世界がより深く、自分の中に印象付いた。

  • HIVポジティブとわかった喬、喬の元彼女の清瀬、喬の元彼の日出雄の3人がエジプトに旅する物語。異国の空気感、時に怖くなる3人の現実、刹那的な強さ、いろんなものが美しく切なく押し寄せる。

  • 文章といい、原マスミさんの絵といい、ホントにエジプトにトリップさせてくれる素敵な本。

全43件中 1 - 10件を表示

吉本ばななの作品

SLYに関連する談話室の質問

SLYを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

SLYを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SLYの作品紹介

死の輝きが、生命の影を映すとき。太陽の国、エジプト。何千年も前から、いま届いた永遠の物語。最新書き下ろし長編小説。

ツイートする