永遠の仔〈下〉

  • 1828人登録
  • 4.01評価
    • (369)
    • (270)
    • (325)
    • (12)
    • (5)
  • 199レビュー
著者 : 天童荒太
  • 幻冬舎 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (493ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877282868

永遠の仔〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生きていてもいいんだよ。

  • 人から借りて、あらすじを知らないまま読み始めたのですが、ディープです・・・。
    あっという間に上下読んでしまいました。
    本に出てくる登場人物全員辛すぎます。悲しすぎます。
    とても心に重く圧し掛かり、考えさせられました。
    最後は震え、そして涙があふれてきました。

  • 心が揺さぶられた。
    嗚咽しながらボロボロ泣きました。
    フィクションだと分かっていても、読了後は静かに目を閉じるしかなかった。
    それぐらい衝動的で悲しい真実に彩られた心理物語。

    物語の構成と伏線の伏線も見事で騙されました。
    そして最後の伏線も悲しい真実があった。
    でも悲しいだけで終わらせない、子に対する母親の愛情が見えた伏線で心が打たれた。

    抉るような心に傷を抱えた登場人物たちが、今を生きる心の苦しさと葛藤そして迷いが理解出来る。

    性的虐待、育児放棄、イジメ、身体的劣等感、心の病など、様々な問題を生々しくこの物語で描いているが、
    登場人物たちと同じく子供に受けた心の傷は、大人になっても簡単には消えはしない。
    普通の人と同じように生きようと、もがけばもがくほど現実に苦しむ。

    今、この瞬間にも、それらに悩み葛藤しながら生きている人達がいることを思い浮かべてしまう。

    だからこそ物語の3人には、最後幸せになって欲しかった。
    笙一郎の結末が悲しすぎて泣いてしまう。
    普通に生きたいだけなのに、心の闇や現実問題がそうさせない。
    生きてても良いんだよ。と、私も3人に語りかけたかった。

    ルフィンとジラフとモウルの名前も、悲しい現実だが下巻で名前の意味を理解できた。
    煙草の火の押し潰された痕が無数にあるから、キリン=ジラフ(英語名)だとわかった時に胸が苦しくなった。

    どんな結末でさえ、優希と梁平、笙一郎の、3人の絆と生きた証が残る物語だった。

    今まで読んだ本で同著者の「悼む人」と同じくらい一番心が揺さぶられた物語でした。
    様々な感情が取り巻くが、読めて素直に良かったと思える物語です。



    下巻の個人的なメモ↓

    イフェメラの日記P113
    「ときどきこの世界って、親が大人とはかぎらないってことを、忘れるみたいね。子どものままでも、親になれるんだから。
    親ってだけで、子どものすべてをまかせるのは、子どもに子どもを押しつけてる場合もあるのよ。
    子育ては競争じゃないって伝えるところが、どうしてないの。
    支える道も作らずには、未熟な親を責めるのは、間接的に子どもを叩いているのと同じかもしれないのに。」


    P292の施設長が笙一郎に語る、介護の考え方が新鮮で救いがある。


    P443優希
    「つらさばかりを感じながらも、どうにか生きてこれたのは、いつか、ほめてもらえる日のあることを信じ、それに憧れ、求めていたためだと思う。」


    P490優希(梁平の回想)
    「生きていても、いいんだよ。
    おまえは…生きていても、いいんだ。
    本当に、生きていても、いいんだよ。」

  • たとえ普通に愛されて育っても、人の心には、
    自分の存在理由を問い続ける罪の意識が常にある。
    そして、いくつになっても、親に認められたい
    のが人間というものだと思う。
    だからこそ、この本はたくさんの人の心に響く。
    三人とその家族は、悲鳴を上げたいほど傷ついた
    魂をあらわにすることで
    そのことを拡大して見せてくれる。

  • 次々と明らかになる真実。
    最後まで目が離せませんでした。

    もし、彼らが神様に出会っていたら、何か変わっていたのかな…
    なんて思いながら読みました。
    救いは、ここにあるよ。


    とてもメッセージがストレートな作品だなと思いました。
    核心をぐさぐさ突いてきます。
    やりきれなさは残るけれど、どうか彼らに未来がありますようにと
    願わずにはいられません。
    「嘘」の優しさではなく、「真実」の傷を選ぶ勇気も必要なんだ。

  • 読んでいてとても辛かった。サスペンス的な要素もあって、真相はなんなのか気になったけど、それよりも、どうかこの3人が救われますようにって祈る気持ちで読んでいた。
    どんなにひどいことをされても、子供は親を思っていて、嫌われないように捨てられないように、自分を犠牲にしてしまう。自分が悪いと思ってしまう。子供はひとりでは生きていけないからつらい。
    子供時代に、子供でいることを許されなかった子供は、結局大人にもなりきれず、子供なまま親になって、また同じことを繰り返してしまうのか。そう考えると救いがない。

    重たくて辛い物語だけど、読んでよかったと思った。

    2016/12/27

  • たぶん読んだことを一生忘れない本。

  • 物語がずっと消えなくて。

  • 子供の頃の虐待の記憶は、その後どんなに手当てをしても決してなかったことにはできないのだと、心に楔を打ち込まれたような作品でした。親として子供を育てていくことの責任、難しさ、覚悟を突き付けられたような…。もう少し早く読んでいたら、と後悔しながら、また、どんな悲しい結末になるのか息を詰めて読みました。素晴らしい!

  • ̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

全199件中 1 - 10件を表示

天童荒太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
江國 香織
村上 春樹
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

永遠の仔〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

永遠の仔〈下〉の作品紹介

人は救いを求めて罪を重ねる。連続殺人、放火、母の死…。無垢なる三つの魂に下された恐るべき審判は-。「救いなき現在」の生の復活を描く圧倒的迫力の2385枚。

ツイートする