人生の目的

  • 113人登録
  • 3.25評価
    • (3)
    • (3)
    • (20)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 五木寛之
  • 幻冬舎 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877283384

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
五木 寛之
村上 春樹
五木 寛之
デール カーネギ...
デール カーネギ...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

人生の目的の感想・レビュー・書評

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    人生に目的はあるのか?すべての人びとの心にわだかまる問い、人は何のために生きるのか。人間の値うちは何によってきまるのか。NHKラジオ深夜便大反響トークエッセイ最新版も収録。究極の疑問を真摯にわかりやすく語る人生再発見の書。

    【キーワード】
    単行本・エッセイ・人生


    ++++1

  • ピカソの父は息子が幼い頃に多くの美術学校に学ばせた。さらに美術工業学校の教師をしながら芸術家としてデビューを考えていたが、幼い息子の絵を見て愕然とし将来の画家への夢を断念した/ライ麦は貧弱な姿ではあるが水分やカリ、窒素を生きるために必死に吸上げる土中の根の総延長は11,200kmもある/韓国には「恨ハン」という古い言葉がある(チョーヨンピルに『恨五百年』という歌がある)→具体的な個人的な恨みとか怨恨とは違い、長い間人々が繰返し体験してきた痛みや苦しみの集積、一民族の精神の深みに宿る文化のようなもの

  • 人生に目的はない?仏教的な背景を受けた著者のやや醒めた人生論。淡々とした語り口に人気があるのでしょうか。私にはニヒリズム色が強過ぎる気がします。基本的には大ベストセラー「風に吹かれて」と同じトーンですが、平壌から始まり、早く母を亡くした著者の生い立ちなど、興味深く読みました。

  • 次々と、思いもかけなかった困難に襲われて
    何かに縋りたくて読んだ本の一冊。

    救われた、
    というわけではないけれど
    気持を落ち着けて
    人生の意味を考えることができた。

  • 昔は五木寛之さんの本は難しい・・・と思ったけど

    裏表紙の解説を読んで28の今、久々に買ってみた

    今はすらりと頭にはいってくる

    読むタイミングを選ぶ本

    今なら宗教性のある種の大切さが分かる気がする

    流石の含蓄ある言葉に重みがあって

    安定してて

    包み込まれたいような

    甘すぎるわけでない優しい言葉の旋律


    強く生きろ!的圧迫感はなく

    程よい安らかな読後感に満足させられました

  •  五木寛之さんの思想、哲学というのはネガティブ思考の人に無理やりポジティブ思考を強要することなく、ネガティブ思考や、抑うつ、悲しみの効用やそれらに対する積極的な意味を見いだすことで悩める人に救いを与えてくれる。

     世の中は差別や偏見、不平等、不公平に満ち溢れている。しかしながら、その現実を現実として直視することからスタートする現実的な考え方である。

  • 中学生の頃、なんとなくかっこいいタイトルに惹かれて買ってみたけど宗教の話ばっかでつまんなかったのを覚えてる。うん。これも読んでるとすっげー長く感じる。

  • 知らなかった。私はそんなに恵まれていたのか。(2004.1.24)

全8件中 1 - 8件を表示

人生の目的を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生の目的を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生の目的の作品紹介

人生に目的はあるのか?すべての人びとの心にわだかまる問い、人は何のために生きるのか。人間の値うちは何によってきまるのか。NHKラジオ深夜便大反響トークエッセイ最新版も収録。究極の疑問を真摯にわかりやすく語る人生再発見の書。

人生の目的のKindle版

ツイートする