不倫と南米

  • 403人登録
  • 3.23評価
    • (17)
    • (36)
    • (130)
    • (17)
    • (3)
  • 50レビュー
著者 : 吉本ばなな
  • 幻冬舎 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877283964

不倫と南米の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ちょっと久しぶりの吉本ばなな。
    「世界の旅」というシリーズらしい(この作品は<3>?)。南米づいてる今年。タイトルにも惹かれて読んで見た。

     短編が7つほど。本書タイトルにある「不倫」に絡む話ではあるが、そうした関係にある(あった)男女の日常が綴られており、不倫関係をどうこうしようというキワドイ話ではなく、極めて淡々としている。
     そんな男女の関係を一話目の「電話」で、

    「都会でしかありえないばかな設定だった。大人のようで実は全員が子供という、よくある話だった。」

     と、サラっと書いている。背徳感も、世を忍んでという暗さもない。
     そういう点では、舞台となるアルゼンチンの点描も、彩り程度のものが多く、恐らくコロンビアでもボリビアでも、どこであっても構築し得たストーリーじゃないかと思える。
     故に、ばななの小説は、普遍的でもあるのだけど。。。。

     お話はどれも吉本ばななワールドで、人に対する思いやりや、気の使い方などがどこまでも優しく、心がほっと温かくなるものが多い。そして、随所に出てくる素敵な比喩、暗喩。目に見えない事象、感じ方を、実に見事に文章に変えてしまう感性には、いつもながらに舌を巻く。今回秀逸だったのは、「窓の外」のこれ;

    「家の中に誰もいないと、まるで冷蔵庫の中で冷えていく果物のような気分だった。」

     冷静に読むと、果物の気分なんて誰も知らないのに、「まるで」って言われてその気になる(笑) あぁ、面白いなぁと、彼女の文章のファンとして、こうした表現に出会えただけで幸せな気持ちになる。

     巻末は、実際にアルゼンチンを訪ねたルポルタージュ。物語の中で使われた場所、出来事など、実際に旅行中に体験したことが引用されているという種明かし。あってもなくてもいいのだけれど(いや、無い方がいいのかもしれない)、小説家というのは、こうした体験を物語に織り込んでいくんだという舞台裏を垣間見た気にはなった。
     だから、やっぱり無い方がいいかも。読者は、ばななワールドの舞台だけを見ていたい。・・・ところもある。

     うーん、なんか中途半端なレビューになってしまった。
     あ、写真と挿画は良かった。特に原マスミさんの絵が良かった。ずっと以前から、ばなな本の表紙を手掛けてるし、世界の旅のほかの本も原作品のようだけど、とっても南米!って感じがした。

  • 短編集だと気づかずに、しばらく主人公たちの共通点探しながら読んでしまった。個人的にはいちばん最初の話の、夫の不倫相手の旅先の予定を調べて悪質な電話をしてくる妻が怖かった。

  • 不倫というタイトルがつくが、内容は不倫の要素を感じさせない短編集。鮮やかな写真と力強いイラストが盛り込まれていて、アルゼンチンの魅力を感じることができる。

  • ぼくは子供だからなぁ。子供に君をとられるのがいやだなぁ。と、そんなことを容易く言う大人の男性に出会ったらイチコロなのかもしれない。

  • アルゼンチンを舞台とした、複数の不倫に関する人々(不倫中のカップルや、不倫の末生まれた母を持つ子や、色々)の物語。最初の『電話』って話が印象的だった。

  • アルゼンチン中心に、ブラジルもあったかな、そこらへんと、不倫が絡んだお話たち。
    南米のあの空を、空気感を、人たちを、思い出すとても素敵なお話たちだった。無性に南米に行きたくなる。今度はイグアスの滝も行きたいなー
    そういえばいっとき、大好きなあの人がやたらとアルゼンチンに行きたがっていたな。
    アルヘンチン最高だよ!ってメヒコ留学してた子も行ってたし、なんか、呼ばれている気がする。
    こんな風に行った場所の空気感を、それは大変なことだろうけど、まるっと残しつつお話にできる能力ってうらやましいなあとあとがきを読んで思った。彼女の経験したあれこれが物語の要素になっている。

  • (2001.09.03読了)(2001.04.04購入)
    (「MARC」データベースより)
    恋をするなというほうがむつかしい-。熱狂と官能の街ブエノスアイレスを舞台に、7人の狂おしい恋と、胸をうつ家族の絆を描く。山口昌弘による写真・原マスミの挿画とともに、南米の空気が蘇る。

    ☆吉本ばななさんの本(既読)
    「アムリタ(上)」吉本ばなな著、角川文庫、1997.01.25
    「アムリタ(下)」吉本ばなな著、角川文庫、1997.01.25
    「マリカのソファー/バリ夢日記」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1997.04.25
    「夢について」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1997.08.25
    「日々のこと」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1997.08.25
    「ハネムーン」吉本ばなな著、中央公論社、1997.12.07
    「ハチ公の最後の恋人」吉本ばなな著、中公文庫、1998.08.18
    「パイナップルヘッド」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1998.08.25
    「SLY」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1999.04.25

  • よしもとばななさんの本っていつだって空気が良い。
    私の信じているものや大切にしたいものが似ているのか、なんか心地がいい。

  • ものすごく久しぶりのばななさんは、普通だった。
    南米だから不倫というわけでもなく、不倫の印象は薄い。
    知らない異国でのんびり過ごしたくなった。
    (図書館)

  • 初ばなな。
    アルゼンチンの濃厚な空気が感じられて好き。
    別離と哀愁と生きているという実感と。
    強烈な光と伴う濃密な影。

    これは作者の感じた姿。
    自分はどう感じるのか行って確かめねばなるまい。

全50件中 1 - 10件を表示

吉本ばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

不倫と南米に関連する談話室の質問

不倫と南米を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不倫と南米を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不倫と南米を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不倫と南米の作品紹介

恋をするなというほうがむつかしい。それは、熱狂と官能の街ブエノスアイレスから始まった。7人の狂おしい恋と、胸をうつ家族の絆を描く最新小説。

不倫と南米のKindle版

ツイートする