不倫と南米

  • 401人登録
  • 3.24評価
    • (17)
    • (36)
    • (130)
    • (16)
    • (3)
  • 50レビュー
著者 : 吉本ばなな
  • 幻冬舎 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877283964

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
吉本 ばなな
よしもと ばなな
よしもと ばなな
江國 香織
よしもと ばなな
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

不倫と南米の感想・レビュー・書評

  • 短編集だと気づかずに、しばらく主人公たちの共通点探しながら読んでしまった。個人的にはいちばん最初の話の、夫の不倫相手の旅先の予定を調べて悪質な電話をしてくる妻が怖かった。

  • 不倫というタイトルがつくが、内容は不倫の要素を感じさせない短編集。鮮やかな写真と力強いイラストが盛り込まれていて、アルゼンチンの魅力を感じることができる。

  • ぼくは子供だからなぁ。子供に君をとられるのがいやだなぁ。と、そんなことを容易く言う大人の男性に出会ったらイチコロなのかもしれない。

  • アルゼンチンを舞台とした、複数の不倫に関する人々(不倫中のカップルや、不倫の末生まれた母を持つ子や、色々)の物語。最初の『電話』って話が印象的だった。

  • アルゼンチン中心に、ブラジルもあったかな、そこらへんと、不倫が絡んだお話たち。
    南米のあの空を、空気感を、人たちを、思い出すとても素敵なお話たちだった。無性に南米に行きたくなる。今度はイグアスの滝も行きたいなー
    そういえばいっとき、大好きなあの人がやたらとアルゼンチンに行きたがっていたな。
    アルヘンチン最高だよ!ってメヒコ留学してた子も行ってたし、なんか、呼ばれている気がする。
    こんな風に行った場所の空気感を、それは大変なことだろうけど、まるっと残しつつお話にできる能力ってうらやましいなあとあとがきを読んで思った。彼女の経験したあれこれが物語の要素になっている。

  • (2001.09.03読了)(2001.04.04購入)
    (「MARC」データベースより)
    恋をするなというほうがむつかしい-。熱狂と官能の街ブエノスアイレスを舞台に、7人の狂おしい恋と、胸をうつ家族の絆を描く。山口昌弘による写真・原マスミの挿画とともに、南米の空気が蘇る。

    ☆吉本ばななさんの本(既読)
    「アムリタ(上)」吉本ばなな著、角川文庫、1997.01.25
    「アムリタ(下)」吉本ばなな著、角川文庫、1997.01.25
    「マリカのソファー/バリ夢日記」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1997.04.25
    「夢について」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1997.08.25
    「日々のこと」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1997.08.25
    「ハネムーン」吉本ばなな著、中央公論社、1997.12.07
    「ハチ公の最後の恋人」吉本ばなな著、中公文庫、1998.08.18
    「パイナップルヘッド」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1998.08.25
    「SLY」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1999.04.25

  • よしもとばななさんの本っていつだって空気が良い。
    私の信じているものや大切にしたいものが似ているのか、なんか心地がいい。

  • ものすごく久しぶりのばななさんは、普通だった。
    南米だから不倫というわけでもなく、不倫の印象は薄い。
    知らない異国でのんびり過ごしたくなった。
    (図書館)

  • 初ばなな。
    アルゼンチンの濃厚な空気が感じられて好き。
    別離と哀愁と生きているという実感と。
    強烈な光と伴う濃密な影。

    これは作者の感じた姿。
    自分はどう感じるのか行って確かめねばなるまい。

  • 読まず嫌いだったけど良かった。
    タイトル、各話の文章量、区切りで入る原さんの絵、どれもが上手く合わさって、程よい緊張感を持って進んでいく。

    南米という日本の裏側の、価値観も景色も違う旅先で思いだすのは日本のくらしのなかの、あたたかいような、なまぐさいような、せつないような、日々のディテールで、この南米っていう設定がスパイスのように効いているような気がする。

  • すごいタイトルの割に、さくっと読める短編集。
    これもひとつの愛の形なのね。つらいけど。
    でもなんか幸せになれる気がしました。

    なんか、それよりも、旅している、どこか遠くにいる、
    ということの方が印象的でした。
    南米である必要はないように感じたけど
    日本の反対側、というのがいいのかなー。

    あと、今死んでも後悔しない、と旅先で思えるほど
    受け入れられてる、満たされてること。
    あたし今絶対しねない。

    遠くにいるとき、誰といたい?
    誰のこと考えながら、歩いてる?

  • 「デットエンドの思い出」よりも深く静かに、残酷なほど・・・(体がもっていかれそうなほどの空の青と赤い土や土砂のような色した滝の写真やなんかは)・・・かなしい小説な気がした。設定や男女の関係、土地の強烈な地場力に歴史、自然や動物の屈しないハードな生命力、これまで読んだ吉本作品の中でもかなりタフな作品ではないだろうか。南米の持つ日本とは違う色彩で物語も違う色彩を手に入れたようだ、原マスミ氏の描く絵もインパクトがあり、根深くてコントラストが効いていて強さを持っている。ふんわりとは違う骨ばったこういう作品もわたしはすきだな。

  • 不倫って切ないよなぁ
    だって帰っていっちゃうんだもん
    そんなのはいやだな
    この本でその感覚を感じる限り
    不倫ってやっぱり、どこか無理があると思う・・・

    でもこの本は大好きです
    文章がすごくきれい

  • タイトルの不倫という言葉が不釣合いなほどに、しっとりと胸に響く短編集でした。南米(アルゼンチン)の色濃い風景と空気の中で語り綴られる人生の断片集という趣…。
    ばなな氏の小説の中でも特に文章が洗練されているのでは?と私は思います。
    胸に心地よく響く美しい文章と、原マスミ氏の独特のインパクトの強いイラスト、山口昌弘氏の躍動感溢れる写真という組み合わせが贅沢な本です。
    サブマリーノって飲み物、飲んでみたいです。

  • 滝をみてみたくなった。
    でも、生命力にあたりそうかもな。

  • 短編集。
    暗いイメージの「不倫」と底抜けに明るいイメージの「南米」が見事に混じっていいかんじ。

  • ブエノスアイレスに行ったことあればもう少し情景を思い浮かべながら読むことができるのだろう

  • 実際に南米に行って感じたインスピレーションで作ったお話群。
    ちょっと暑くて、陽炎の中に居るような、不思議な感覚の読後だった

  • 大学近くのカフェcat’s cradleの本棚にあったので読んだ。
    http://swimmingpoolsg.tumblr.com/post/2685654365/cats-cradle-travel-books

    南米に行きたくなった。
    日本よりずっと危険なのは分かるけれど、むき出しの純粋さがあるようにも見える。

    よしもとばななは、普通の女の子が抱える根拠のない、何の支えもない静かな孤独を柔らかく表現する作家だと改めて思う。
    どれも静かな物語だけれど、南米の魅力が伝わってくるし、甘酸っぱい香りがして良かった。

  • 実際に南米に行ったんだろうな、とすぐ分かる、そして実際見たんだろうなというエピソードもすぐ分かる、臨場感溢れる小説。旅行記と小説の間で、どの主人公も吉本ばななの体験や感受性を色濃く映す。表紙とタイトルから結構ドロドロというか、ギラギラした感じ(山田詠美的な)かと思っていたけれど、中味はばなな的な、喪失と再生の物語。読むうちに自分の旅の経験を思い起こされて、すぐに旅に出たくなった。

  • 南米のエネルギーがある。
    ヨーロッパに似た街並みと抜けるような青空が共存してると
    どんな感じなんでしょう。ブエノスアイレス。
    サブマリーノ飲みたい。イグアスの滝見たい。

  • もう何年も前に読んだ本。不倫って物悲しいな。読みやすい短編でした。

  • タイトル通り。

    不倫をしている主人公と、南米という暑く、重く、しかし決してねっとりとしていない、罪悪感すら感じさせるくらいの照る太陽をもつ土地が織り成すいくつかの話。

    「窓の外」がとても印象的。
    あの淋しさは、いくら腹をわって話せる親友がいても、精神的にも肉体的にも満たしてくれる文句無しの恋人がいても埋められないものだと思います。

    でも私は不倫はしないぞ。
    な~~んつってな!

全50件中 1 - 25件を表示

不倫と南米に関連する談話室の質問

不倫と南米を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不倫と南米を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

不倫と南米を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不倫と南米の作品紹介

恋をするなというほうがむつかしい。それは、熱狂と官能の街ブエノスアイレスから始まった。7人の狂おしい恋と、胸をうつ家族の絆を描く最新小説。

ツイートする