勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 224人登録
  • 3.29評価
    • (11)
    • (16)
    • (66)
    • (5)
    • (2)
  • 23レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 幻冬舎 (1997年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877284589

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)の感想・レビュー・書評

  • ちょっと古い本だけど、浅田流競馬予想、試してみようと思う。

  • 第一部の「私はこうして作家になった」は、二足のわらじを履いてきた著者が、何故そうなったのかやその日々について書いており、興味深く読んだ。
    第二部の「私は競馬で飯を食ってきた」は、競馬をするための心構えや著者の馬券の買い方など、競馬好きには大変面白い内容なのではないかと思う。
    競馬を知らなくとも楽しめると書かれていたが、若干ではあるが出てきた専門用語の意味が分からず、また専門的な話で競馬を知らない人には、猫に小判といったところかも知れない。
    もっとも第二部が本書のメインであるだろうし、タイトルからして、その内容は想像に難くないことを考えると文句は言えない。
    というわけで、競馬ファンにはオススメの内容であり、それ以外の人も競馬の本という認識のもと読むのであれば、面白いのではないかと思う。

  • 2010年3月13日読了。

    「私はこうして作家になった」「「私は競馬で飯を食ってきた」の二部構成。

    作家になったほうはかなり面白かったです。年齢のわりに遅いデビューだったのですね。同年代の作家さんに村上龍さん。若いときにデビューするのも脚光を浴びて良いけど、長く続けていくというのはまた違う話だと思う。

    競馬で云々というのは、競馬に興味がないとまるでちんぷんかんぷんですわ。馬はパドックで見たほうがわかるというのはなんとなくわかるけど。調子の良し悪しは人も馬も同じような気がするし。でも基本的に興味がないとやっぱり「ふーん」で終わっちゃいますね。

    文体が違うというかテーマがまるで別人というのは、たしかに。
    小説のときとは違う浅田さんを発見出来てちょっとお得な気持ちですよ。
    競馬はわかんなかったけど(^_^;)

  • 浅田次郎さんにこんな一面もあったのか、という印象を持った一冊。ギャンブラーとしての生活や、考えていたことが書かれていて蒼穹の昴なんかとは全然違う、、いや、考え方としては通じる部分もあったかな、とにかく新しい一面だな~と思えた一冊でした。サクッと読める割に、「2足のわらじを履いても人間の力は半分にならず、しっかりやれば2倍にもなる」とか「そうかも」と思うことも書いてあっておもしろく読めました。

  • 知らなかった競馬の話しが沢山ありました。心底競馬が好きな人には魅力的な本だと思う。

  • 浅田先生のコラム。書かれている経歴を読んで、先生の小説の源に納得させられた。あと、これを読んで競馬場に行きたくなった人もいるのではないでしょうか?

  • この本で初めて浅田さんの人柄を知ってびっくり。
    自衛隊やらちょっと裏側の社会経験やら社長やら…
    波乱万丈の人生を送っていて、ますます興味を惹かれました。

    勝負師の価値観を知ることができる本。
    読めば他の著作をまた新しい視点で見れるかも。

    (ただ内容の半分は競馬の極意です。でも競馬興味ない僕でも面白く読めました。競馬という題材を通じて価値観を知るという感じでどうぞ)

  • 悪い時は「見」。

  • 浅田次郎の小説家になるまでの「二足のわらじ」生活と
    競馬に関するエッセイ。

    蒼穹の昴しか読んだことなかったので、本書の内容、文体とのギャップに驚いた。まじめな人なのかと思ったら、おもろいおっさんだった。

    全然、競馬について知らないけど、それでも面白く読めた。

  • 作者が作家になるまでの過程と競馬の必勝法の二部構成エッセイ。
    いずれも秀逸。

  • 浅田さんはどのように小説家になったのかを知りたくて読んだのですが、内容のほとんどが競馬に関する心構えやコツでした。が、小説家になるいきさつもちゃんと書かれていて満足。ギャンブルはしないのでわかりませんが、人生にも通じる教訓ばかりで勉強になります。うーん、一度でいいから競馬場へ行ってみたい。

  • 競馬はやらないけど、おもしろかった。

  •  これは面白い本です。浅田次郎がどのようにして小説家になったかが冒頭の章で書かれています。物心付いたときからずっと小説家になると決めていた とか、自衛隊に入ったのは三島由紀夫割腹自殺の影響だ とか。 どこかの講演会でしゃべった内容を起こした物の様ですが、大変に興味津々瑠璃色の話です。そしてこの冒頭の部分はこの文庫本が初出らしいのです。 後半は完全に「競馬」のお話。これはもう玄人サンしか分からないことだらけで、競馬をほとんど知らない私は読んでいて眠くなってしまいました。でも「馬券」のことを正式には「勝馬投票券」と言う という事を知りました。何か為になる事は書いてあるのです。 もうひとつ。文庫だから巻末には「解説」が載っています。この解説の中で浅田次郎のデビュー作『殺られてたまるか!』1991年 から 『蒼穹の昴』1996年を経て 『プリズンホテル春』1997年 までの本が全部List upされています。このような情報が好きな私にはとても嬉しい解説でした。

  • 競馬が大好きだった時期を懐かしみながら読んでみました。内容として時代を感じることも多くありますが、こうした角度から競馬を眺めるのも面白いものです。

  • 自分の知らない世界な感じで、勉強になった…のかな…

  • 第二部「私は競馬で飯を食ってきた」が当然のことながら秀逸。おみそれしました、としかいえない。

  • 後の直木賞作家が、不遇時代に「競馬」のプロとして書いた本。
    トレーダーに参考になる事も多いが、単に「面白い本」というだけでもお勧め。

  • 2部構成になっていて前半は作家になるまでの道のり、後半はギャンブルについての氏の考え方です。
    特に後半は競馬の楽しみを知るためには比類なきものになっていると思います。
    競馬に限らず、氏の観察の仕方は様々な場面で役立つことでしょう。

  • 競馬の話だったかなぁ。
    まあ面白かった。

全23件中 1 - 23件を表示

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)はこんな本です

勝負の極意 (幻冬舎アウトロー文庫)のKindle版

ツイートする