かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)

  • 251人登録
  • 3.19評価
    • (8)
    • (19)
    • (92)
    • (9)
    • (1)
  • 19レビュー
著者 : 山本文緒
  • 幻冬舎 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877284800

かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 山本文緒氏が、まだいわゆる“売れっ子作家”の兆しも見せていなかった頃(言い過ぎ?でもご本人も本書の中で繰り返しそうぼやいているのだ。)に書かれたエッセイ。タイトルから想像するほど恋愛どっぷりというわけでもない。日常のこと、人生のこと、仕事のこと、などなど。私は山本文緒という人はうじうじ型で卑屈で(言い過ぎ?でもご本人も本書の中で繰り返しそうこぼしているのだ。)どちらかと言えば厭世的なのだと思っていた。しかしこのエッセイを読むと、どうやら他人をめったに否定しない人のようだ。そういう人もいる、そういう考え方もある、と認めてくれる。世の中に否定したくなることばかりの私は、ちょっとだけ反省した。
    「ブラック・ティー」

  • 作品に当たり外れがあるように(自分内です)、彼女とは合いそうにない部分が多いので、エッセイは避けるようになりました。

  • このエッセイは1993年に単行本で出版されたもので、
    だから、やっぱりちょっと、今とは違う。
    携帯の登場って、いろいろ変えてしまったみたいだ。

    まぁ、でも、変わらないもののほうが多そうだ。
    とくに人が悩む事象は、20年前も20年後も変わらんのだろう。

  • 若さとちょっぴりひねくれた感じ。若々しさゆえの熱っぽさ、毒づいた感じがよかった。

    角田光代さんの解説「クラスメートのような感じ」、「普通であること」という言葉に納得。

  • ・待つのは苦手だけれど「時間を稼ぐ」「様子をみる」という
     処世術が身についてきた。

    ・エイズ検査を受けて人生を考え直す。

    ・泣けてきたら我慢せず量目から思い切り涙を流せば鼻水が出ない!

    ・限られた人生の中で一冊でも多くの本を読むよりも
     同じ本を何度も何度も読む方が好き。

    ・自分の手の届く範囲でしか生きていないのは
     恥ずかしいことでも悲しいことでも何でもない。

    ・結婚を迷っているなら相手を養ってあげようと
     思えるかどうかを考えてみる。

    共感できる話も多いけれどいちゃいちゃカップルについては意義あり!笑

  • (メモ:高等部1年のときに読了。)

  • いまいちかな。

  • 著者の小説が高校生ぐらいのときに好きだったのでなんとなく読んでみた。自分を変わっているとか言う割りに、普通の価値観を妙に意識していて、面白い部分となんとなく腹が立つ部分があった。
    女王様的なキャラにお供する家来が目障りで嫌いだとか、さばけた女が嫌いだとかはちょっと暴言なのでは・・・と思ったけど、「やばい失恋」とか「悪霊ケッコンガンボー」などは結構秀逸だった。
    普通を目指す刺激的な人・・・?それが魅力なんだろうか。

  • この本最近別の出版社で新しく出てるんですねー。
    つまり一度絶版になったって事なのかな?分かんないけど。
    でもいずれにせよまたニーズがあるって事だよね。
    恋だけがテーマではなくて、一番共感したのは"古い壺を磨き続ける"という項で、
    つまりは同じ本を何度も読んじゃうか、新しいものにバンバン進んでいくか、という話。
    私はもちろん再読派ですが(この本も何度目か不明)、人生限りがあると思うと、
    がつがつ進んでいく必要もあるのかなー・・・と。
    ちょっと迷います。(2009.7.29.)

  • 山本文緒さんのエッセイは年月がたっても古臭くならないところがすごいなと。

    しかもこの文庫版の解説が角田光代さんだったので
    解説も含めてもう一度読み直したいなと思いました

  • なんとなく買ったが、ある意味予想通りの内容。まぁ、昔の物ですし。

  • 山本文緒さんのエッセイでした。彼女のファンなら買いでしょうが、あまりそうでないので、ちょっと残念。
    内容も私にはあいませんでした。

  • タイトルからして恋愛モノ??なんて思うけど、著者の日常や日々のエッセイ集だ。
    だけど恋愛・結婚など女性としての著者ならではの思いや考えが綴られ、とても楽しかった。
    かなりかなり共通点が多くて親近感さえ感じた。
    わりと一人が好き、お気に入りの小説なら何度も読んでしまう、どうでもいいことを考えすぎるとこ、ディズニーランドはデートで行く場所、待つのが苦手、白黒ハッキリしている人が好き(場合によるけど)、結婚観や人生観(ちょっと言い過ぎ;;)までもが、似ている。
    蟻地獄から足を引き抜き、荒野を歩いていく勇気がないだけ・・・とかとか。

    『お茶漬けを食べていきなさいと言いながら、実際には食べさせてくれない人なんか、大嫌いだ。』
    『だから、本当のことを言ってね。』という著者に同感。
    だけど最近は、『時間を稼ぐ』あるいは『様子をみる』という処世術をご自身も使うようになって驚いているとのこと。
    私だって『あみん』のように、あんなに自信満々で♪待つわ〜 いつまでも待〜つ〜わ・・・なんて出来ないけど、
    それに、時と場合・その時の心理状態やその日の気分で、人の気持ちなんてコロコロ変わると思うけど、
    そんなこともひっくるめて、私ももう少し寛大に待ってみるかな。
    だけど、かなりな気まぐれさんだから、明日になればこの気持ちもわかりません。

    恋をしている?と聞かれたら、『今はしていません・・・と思う』デス。
    なのに・・何を『待ってみるかな』なんて言っているんだろ。
    誰を待つのよ;;

  • 【メモ】エッセイ・1993年頃執筆(31歳)・作者は別居中・結婚願望や30歳の話

  • 彼女の書くエッセイ、好きです。共感する。<BR>
    「ばったり知人に会えるのは、とても嬉しい」とか。

  • 男の人っていうものは、本当に可愛いものだと思う。可愛くない奴もそりゃいるけれど、大体の男の人は皆愛しべき部分を持っている。男の人というのは、案外真面目なのだ。いや、そう扱ってあげるべきなのだと私は思う。遊び人扱いをすれば、そうなってしまう。

    何が嫌いってさばけた女が嫌いである。
    彼女が一番嫌っている、外見ばかりをちゃらちゃら飾って、他人のお財布をあてにして生きているような女の方が私はまだ好きだ。

    何もできない私。頭も悪いし、運動神経も悪いし、性格ももっと悪いし、不美人で小太りで卑屈な私。その私が唯一の得意分野を放り出したら、ただの三十路のプー太郎である。小説なんか書かなくても君が好き。そう言ってくれる人はいない。いないのだ。書くしかない。私は書くしかないのだろう、きっと。

    私はお酒が好きだ。量的にも結構いける方だと思う。私は嬉しいことがあるとお酒を飲む。では厭なことがあってくさくさしている時は飲まないのかと言うと、やっぱり飲む。

    人間が持って生まれた運命を、三十路の私はみっつ発見した。
    その一、人は必ず死んでしまう。
    その二、人は自分を表現せずにはいられない。
    その三、人は人から愛されたい。
    あぁ、運命だ。逃れられないのだ。どんな人でも衣食住がとりあえず足りれば、次は人から「自分」というものを認めてもらいたくなるものなのだ。仕事で、趣味で他愛ないお喋りの中で、人は自分を表現する。どんなに無口でおとなしい人でも、やはり黙っていることで表現しているのだ。そして、自分というものを愛してほしいのだ。好きになってほしいのだ。誰かに。自分以外の誰かに。死んでしまう前に。

  • 僕が1ヶ月に読む本は、小説だけとっても3〜5冊は軽くあるが、これにマンガや雑誌を入れればかなりの数になる。しかし、すべてが新しいものということはなく、ほとんどは過去に読んだ本を何度も読み返すのである。新しい本だけとなると、月に1〜2冊だろう。山本文緒自身は「読書の重大な欠点(?)」と書いているのだが、それが僕と同じ「同じ本を何度も読むのが好きなのだ」ということなのである。他人はどうなのかはわからないが、例えばミステリーや推理小説だって、結末や犯人やトリックがわかっていても、面白いものは何回読んでも面白いのである。ある作家が「人生は限られているから一冊でも多くの本を読みたい。同じ本を二度読んでいる暇は無い…」ということを言っていたらしいが、当然彼女はそのつもりは無いようだ。その作家の言うことはわかるが、やっぱり僕も彼女と同じかもしれない。

全19件中 1 - 19件を表示

かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)はこんな本です

かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)のKindle版

かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)の新書

かなえられない恋のために (幻冬舎文庫)の文庫

ツイートする