夢について (幻冬舎文庫)

  • 505人登録
  • 3.29評価
    • (22)
    • (42)
    • (131)
    • (17)
    • (3)
  • 45レビュー
著者 : 吉本ばなな
  • 幻冬舎 (1997年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877285005

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

夢について (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1994年9月9日初版発行。雑誌で連載されていたエッセイをまとめたA4の薄い本。ボールペンのようなタッチの線と薄いブルーのみで描かれた原マスミのイラストがひとつのエッセイにひとつずつ。作者が見たことのある夢の話が多く、不思議な感じがするエッセイだった。よしもとばなな初見。

  • 小さい時目が悪くてオバQを読んでいて
    というエピソードで、
    最近報われたから過去の自分に
    「必ず報われるから頑張れ」って言ってあげたい
    という気持ちはとてもよく分かる。
    誰にでもあるのじゃないだろうか。
    あの時の自分はよく頑張ったな。
    よく乗り越えたな。だから今がある。
    今幸せだから大丈夫だよ、と言いたいこと。
    私にはある。
    その反対に、未来の私が今の私にエールを送っていることがあるのかも。
    なんとなく、その考え方はいいなと思った。

    私は時々、急に周りの空気がざわっと変わって澄んで
    目が急に良くなったみたいに
    寝ていたのが覚めたみたいに、急に景色が生々しく
    はっきりと見える時がある。
    そういうとき、
    誰かが見てくれている。覚えてくれている
    という気持ちになるので
    もしかしたら
    いつかの私や、大事な誰かが送ってくれたエールが
    どんな形であれ届くのだとしたら
    やっぱりちょっと素敵かもしれない。

  • 青だけを使ったイラストが綺麗な本。ぜんぜん古くささがなくて、本当のことばかり書いてあるみたい。
    よしもとばななさんは最近読み始めたけど、この人も漫画好き、わたしも漫画好きなのでなんだか安心して読める気がする。

    6/7/2017 EST

  • 眠っている時に見る夢や、少し不思議な体験を綴ったエッセイ。

    描かれているようなことを私も体験したことがあるような、ふわりとした後味が残る。

  • 年初から素敵な本にばかり出会う。
    今年は良い年になりそうです。

    「生きていくことは、本当はもっとこんなふうにエロティックで、食べること、性と、死ぬことと、大自然と、何もかもがこんな風に大胆に野蛮にしかも美的に混在しているんだなあ」

    「生きていることは、ただ美しいです。そして一期一会、というのは単なる事実なのです。
    反省します。」

  • ばななさんがみた夢についてのいろんなお話。原マスミさんの挿し絵がとっても素敵!
    私は起きた頃には夢の内容の半分以上を忘れてしまっているから、こんな風に鮮明に覚えてるのは羨ましいことだ。

    過去…っていうのが一番好きで、オットセイやアザラシグッズを収集していたばななさんが可愛いなぁと思った。
    この本を読んで、ばななさんという人間が身近に感じられた。エッセイの良さだと思う。
    良い物語を書くばななさんの人生は豊かで、物語よりもリアルで、いろんな感情がつまった美しいものなんだろうなあ。

  • 夢についてのひとつひとつのエピソード。独特な世界観で、でもやさしくて…。「ですます」の文章で構成されているから、でしょうか。しんとした夜に読むと最高にいいです。本に選ばれた紙の質と、原マスミさんの白とブルーのイラストもとても好き。

  • 期待してたばなな本とはちょっと違うかんじ??

    ただやっぱりばななさんには
    ちょっとした不思議な能力を感じます。
    ばななさんがみた夢についての話なんだけど
    やはり作家さんだけあってリアルな上に筋立てられた夢

    わたしのみる夢なんて
    白黒な上に時間も空間もすぐ飛ぶしわけわからなすぎ
    夢について なんて本を書けること自体がすごかったりして?

  • (1998.10.25読了)(1998.10.03購入)
    (「BOOK」データベースより)
    手触りまであるカラーの夢だって見ることができる著者のドリームエッセイ。会えるなんて思ってもいなかった、憧れの藤子F先生と対談して大感激した話。死んでしまった大切な友人に夢のなかで再会できた話など、優しい気持ちにさせてくれる「青い」出来事を綴った二十四編。夢は美しく生きるためのもうひとつの予感。

    ☆吉本ばななさんの本(既読)
    「N・P」吉本ばなな著、角川文庫、1992.11.10
    「FRUITS BASKET」吉本ばなな著、福武文庫、1993.04.15
    「とかげ」吉本ばなな著、新潮社、1993.04.20
    「B級BANANA 吉本ばなな読本」吉本ばなな著、福武文庫、1995.03.25
    「アムリタ(上)」吉本ばなな著、角川文庫、1997.01.25
    「アムリタ(下)」吉本ばなな著、角川文庫、1997.01.25
    「マリカのソファー/バリ夢日記」吉本ばなな著、幻冬舎文庫、1997.04.25
    「ハチ公の最後の恋人」吉本ばなな著、中公文庫、1998.08.18

  • 私はこれ、けっこう好きだな。
    吉本ばななの「夢について」の話。
    友人とそっくりの夢を見ていたり、死んだ人が夢に出てきたり。奇妙な話が多いし、一人宗教っぽくもあるんだが(ご本人もそれは自覚してるっぽい)呑まれる感覚が愉快。

    私は幽霊や死語の世界については「いるか、いないか、あるか、ないか知らないが、まあいたらいたで私には害がない(見えんから)」と認識しております。
    どうでもいい訳でもないんだけど、自分に見える世界でいっぱいいっぱいだもの。余裕ができたら考えてもいいよなあ。今はそんな感じ。

  • 変な夢を見た時に、必ず思い出す本

  • ノンフィクションも小説のように 書き上げてしまう よしもとさん

    現実を夢のようにいきたい

  • 吉本ばななさんの夢に関するエッセイ。
    いろいろ読んでるけど、結構不思議体験の多い人って印象。
    夢の内容は覚えていても、細かいところは忘れていることが多いから、ばななさんの夢の詳細な説明がすごいなと思わされた。

  • ばななさんが夢について書いてるエッセイ。
    わたしもけっこうはっきりした夢を見るからちょっとわかるかも。
    でもうーん、なんかつまらなかった。

  • 夢についてのお話。夢の中から、こんなにもいろいろなことを感じられる感性が素敵だな。

  •  入手した経緯は覚えていないものの、所有していたので読んでみた。吉本ばななのエッセイ。

     タイトル通り、主に夢について書かれた本。もちろん夢でない話も出て来る。原マスミという人の挿絵が一編に一つ添えられている。文字数は少なめ、ページも150ちょっとと少ない。

     亡くなっていたり、存命中の友人が夢に出てきたり、南国のリゾートに行った夢を事務所の数人が見ていたり、全く知らない人の家に行く夢や、探偵になる夢、オカマの友人の話、イタリアへ行ったときの話、インドでの話等々。
     彼女の日常から、見た夢などが書かれている。
     夢は現実っぽいものから、幻想的なものまで、多様な夢を見ているようで、手触りまで感じるという。自分があまり夢を見ないせいかもしれないけれど、この本を読んでいると彼女の想像力や感性の豊かさを実感する。
     基本的に人が出てきて、身近な人や知り合いが多いのだけど、そう言う人達に対する視線が温かいというか、基本的に良いところを見て書いている。悲しいことがあれば同情的でもある。何しろ、ひっくるめて包み込むような感じだ。
     文体も力が抜けていて柔らかく、自然体。ユーモアを交えつつ情緒的で、おおらか。全体的に優しいので、気楽に不思議な気分に浸りたい人には良いかもしれない。
     彼女の小説に見られるように、表現が感覚的すぎて意味がわからない部分もあるが、エッセイなので、まあそれほど気にはならない。

     吉本ばななという人は頭がいいのかもしれない。それは単に勉強云々、知識が多い少ない、と言うことではなく、人として頭がいいのだ。
     感受性が強く、様々なことに感動し、想像を膨らませる。それはそれで大変だろうが、起こった出来事や夢に対して、色々と考えて、自分なりに納得できるように答えを探して見つけている。人生を生きる上でとても必要なことだろう。

     吉本ばななに興味がある人、ちょっとした不思議な話が好きな人には良いのかもしれない。
     ただ本当にこざっぱりしているので、がっつりしたものを読みたい人や彼女にあまり興味のない人にはちょっと向かないのかもしれない。

  • 夢でだけ会えるのって切ないけど、特別だよなぁ
    夢って不思議

  • 大好きな作品です。ばななワールドが堪能できる一冊。

  • 中国の昔から、なんか夢の中の事は現実と正反対という話があった。私も結構「周公解夢」の話を信じている。でも現代の話もよく夢を見ることはいい事がないと。。。夢はたっだ自分考えすぎることの反論とか、夢はいい睡眠によくないとか、でもこの本の内容からみると、筆者はなんか人の夢が人間関係とその人の性格を表すと言った。本のはじめ、筆者は自分が大学時代の友達に迫っている夢から話を展開した。私は筆者がその夢による推測を読むと、笑を禁じえなかった。なんか自分がその人を愛し、肉体関係を求めたいとか二人が前世で夫婦だったとか彼女が自分を憎んでいるとか。。。いろんな推測は友達の電話により破れてしまった。この本の中に絵なども付けている。時々変な絵もある、例えば、ハートはにうがりになっているとか、枕の中の羽はトリになるとか。。。抽象的なものいっぱいだった。

  • 初めて読んだ、吉本ばななの小説。
    うわぁ、好きだ吉本ばなな。
    キッチンとか、読んでみたい。

  • 夢って将来のことではなく、寝たときとかに見る夢のことでしたw

    でも読んでて、人の人生っていろいろあるんだなって思いました★!

    現実と非現実の境目で起こる夢での不思議な出来事。

    実はいろんなところに繋がっているのかもしれない‥そんなことを思わせてくれる一冊でした:-)

    おしまいっっ(^^)!

  • エッセイ集で、夢についてのことやそれに関連したことが二十四編書かれている。
    読むとなんとなくやさしい気持ちになれる気がして、しみじみとなる。
    特に好きなのが「探偵夢」で、作者と作者の友人が探偵に扮した夢をみるというもの。
    夢なのに一つの話ができるくらいのリアルさでとても驚いた。

  • 【白いコート】の、「日本の葬式は優しい。」が心にずっと残ってます。
    最後の【老いたオカマよどこへ行く】も好きです。

    青い挿絵も素敵。

    そのうちもう一度読み返してみたいと思ってます。

  • 080412(n 080417)
    080831(a 080922)
    081209(a 081230)
    090228(a 090405)

  • 期待してたばなな本とはちょっと違うかんじ

    ただやっぱりばななにはちょっとした不思議な能力を感じます。ばななさんがみた夢についての話なんだけどやはり作家さんだけあってリアルな上に筋立てられた夢

    わたしのみる夢なんて白黒な上に時間も空間もすぐ飛ぶしわけわからなすぎ
    夢について なんて本を書けること自体がすごかったりして

全45件中 1 - 25件を表示

夢について (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢について (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢について (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢について (幻冬舎文庫)の大型本

夢について (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする