マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)

  • 97人登録
  • 3.72評価
    • (12)
    • (10)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 渡辺浩弐
  • 幻冬舎 (1997年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877285319

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

全9件中 1 - 9件を表示

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)の作品紹介

「新・新興宗教」「サブリミナル天国」「自殺ショー」「ポケベルに残された謎のメッセージ」…。インターネットがコンピューターによって完全に支配された世紀末、人間は新たな恐怖に襲われる。快適なはずの電脳社会を得ることによって、人類が失ったものは?目前の危機をシミュレートした34編のバーチャル小説集。シリーズ第2弾。

マザー・ハッカー―1999年のゲーム・キッズ〈2〉 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする