朱(あか)い旅 (幻冬舎文庫)

  • 19人登録
  • 2.57評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 阿刀田高
  • 幻冬舎 (1998年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877285760

朱(あか)い旅 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何か家にあったのが父から回って来た。阿刀田高、多分25年ぶりとかかな。星新一ライクな短編作家のイメージだったので面食らったけど、長編でもやはり読みやすい。自らの出自を探る主人公の葛藤と受領、的な内容でまあまあ普通。エンディングはそれほど楽観的でもないと思うけど、明らかに桜の頃の殺人衝動遺伝してるし。

  • 新規購入ではなく、積読状態のもの。
    2008/11/2~11/1
    早くに両親をなくした主人公が、ギリシャ神話の英雄ヘラクレス誕生の逸話と関係する「アンフィトリオン」の劇を見たり、父母の知人などから写真、父の書いた論文などを見せられつつ、ギリシア、萩、鎌倉の旅先でひとつひとつ自分の出生の謎について悩み、解決していく。深いテーマを阿刀田氏独特の軽妙な文で書き綴っている。プロローグとエピローグの対比が見事。
     解説は最近凝っている今野敏氏であった。また、解説の中で、私が唯一持っている詩集にある西脇順三郎の「Anbarvalia」が引用されているのにも驚いた。

  • 長編集。

    まぁ×2でした。でもやはり短編集が好き。阿刀田さんの場合はね。

全3件中 1 - 3件を表示

朱(あか)い旅 (幻冬舎文庫)はこんな本です

朱(あか)い旅 (幻冬舎文庫)のKindle版

朱(あか)い旅 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする