22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)

  • 225人登録
  • 3.16評価
    • (4)
    • (17)
    • (72)
    • (7)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 唯川恵
  • 幻冬舎 (1998年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877285906

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 22歳。
    少女ではない。
    でも、女と呼ぶには未完成。
    失恋も挫折も知り、悩むことが人生にすべてだった。

    私がすごした22歳とは、この小説は縁遠いものだけれど、
    あの頃の曖昧で未成熟で中途半端な、青臭い青春を、思い出せた。

  • なにもおもしろいところがなかった。
    22歳が所詮そういう歳ということか。

  • タイトル通り、22歳の女性が主人公の本。
    恋とか友情とか正義とか色々忙しい内容だったが、読みやすかった。
    すぐ感情的になったりする描写を見ると、22歳の幼さにしみじみ。

  • ちょうどじぶんの年齢が題名になっていたので、「おっ」と本屋で目についてお買い上げしました。あとカバーデザインが可愛かった!

    人生の岐路に立つ、大学4年生の女の子3人組。
    3人の中でお嬢様キャラの絵理子が婚約し、その婚約者に主人公の征子は惹かれてしまい、早穂は穏やかに見えて何か憂いを隠している…?そんな3人。悩んだり恋したり若くてみずみずしいけど、若いなりに自分の信念を持って、しっかりと生きていこうとしてると感じました。


    ただびっくりするけど、昨日読んだばっかりなのにストーリー思いだせない笑ほとんど印象がない笑

    透明な爽やかサイダー・ジンジャー入りみたいな。

  • 二回も読んじゃったーてへ
    一回捨てたのにまた買って読んでしまつた。
    22歳で一回読んで23歳でもう一回読んで。




    はじめ読んだときは、

    「愛は感じるものじゃなくて積み重ねるもの」
    って言葉に対してまだ若いから感じるものかねーってれびゅーかいたけどいまは―いまはー

    変わってねえ

    一年経って何が変わったかなー
    ちょっったー大人になったかね。なってないかね。
    なってませんね。変わりません。

    少女とはもう呼べないけど女と呼ぶには早すぎるぜって22歳らしいです。

  • 2005.初夏

  • 22歳だから読んでみた。
    なんだよっていうくらい少しバブリーな空気と
    虚無感漂うの。

    なんだよ。結局、みんないいひとなの?

  • この著者の本は好きなのですが…

    あまり共感はできなかった。

    大学生活最後の年、仲良しの女性3人にまつわる恋愛ストーリー。
    大学生の婚約破棄とか、あんまりにも現実離れしているな~と。

  • 新潮文庫のより、こっちのほうがずっと表紙がいい。

  • 【No.92】22歳の3人の女の子の話。「どんなに長く悩んでも、決めるときには一瞬にして決めちゃうことってあるじゃない。なるようになるって。長く悩むだけ損」「おとなしくて自主性のないように見えるけど、誰にも立ち入らせない自分だけのラインというものをきっちり引いている」

全29件中 1 - 10件を表示

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)のその他の作品

唯川恵の作品

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)はこんな本です

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

22歳、季節がひとつ過ぎてゆく (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする