たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い (幻冬舎文庫)

  • 163人登録
  • 3.62評価
    • (13)
    • (21)
    • (37)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 一志治夫
  • 幻冬舎 (1998年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877286415

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 知良
金子 達仁
有効な右矢印 無効な右矢印

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【107】
    2013.4.19読了

  • カズファンの俺でも知らなかったカズの色々な面を知る事が出来た。あのとき実はそんな状況だったのか、こんな気持ちなのか、丁寧な取材で浮き彫りになった様々なカズがいる。
    カズさえいれば点が取れる、そう思わせてくれる選手がいたのは幸福であり不幸でもあったのかな、という気持ちになった。

  • 増島みどりの「6月の軌跡」で選手・スタッフ・コーチを通じてただひとりインタビューができなかった選手。フランス入り直前のスイスで去ったカズの、サッカーに対する思い。

  • もう絶版なのかしら?探してもないかもしれませんが、以前これでグッときてしまった。特にキーちゃんとのやりとりが泣けるぅ。やっぱカズはW杯に出てほしいですね!!

    以下は少し話がずれるのですが。

    you tubeっていうのを最近(やっと)知りました。世の中ではyou tubeの存在自体が議論されているけれども、ちょっと泣けるものが出てきたので↓

    http://www.youtube.com/watch?v=MfJ4BexkQsU&NR
    http://www.youtube.com/watch?v=21ItB1z5BEE
    http://www.youtube.com/watch?v=KJKE30_D6Yw
    http://www.youtube.com/watch?v=URhc49UWmc8
    http://www.youtube.com/watch?v=8ufL3tA78Z4

    いい画像で見たい!!DVD出ないかしら~?

  • 当時、NEWSで見た時ショックだったなぁ。

  • カズの半生を知るにはよい作品です

  • カズ。日本サッカーの顔。ヒデよりも、俊輔よりも本田よりもラモスよりも釜本より奥寺よりも「日本人のサッカー選手」をなによりも日本自身に浸透させた人。
    苦悩のフランスW杯落選までの記録。

  • カズがワールドカップに出場する姿を見たかった・・・

  • ずっと闘ってきた。
    いつも背中で語ってくれた。
    結果を残し続けてきた一人の男は、
    未だに目標を果たせていない。
    でも、彼は決して夢を諦めていない。


    どんなときも、
    辛く納得のいかない結果であっても逃げださず、
    気丈に振る舞い、
    走り続けている。

    彼の生きざまを目の当たりにし、
    愚痴一つこぼすだけでも恥ずかしさを覚えるのは私だけではないはずである。

全16件中 1 - 10件を表示

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い (幻冬舎文庫)に関連するまとめ

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

たったひとりのワールドカップ―三浦知良、1700日の闘い (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする