妖臣伝―厳島合戦異聞〈上〉 (幻冬舎文庫)

  • 17人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小川良
  • 幻冬舎 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877286446

妖臣伝―厳島合戦異聞〈上〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 西国最大の大名・大内義隆に対する愛憎から端を発する、陶隆房の謀反の陰謀に巻き込まれた青年・さぎりと、美少年次郎を中心に物語りは進みます。ちなみに2人は敵同士。
    上巻は隆房が主君の義隆を討つまでですが、隆房の義隆に対する屈折した感情はなんとなくやるせないです。

  • 「陶晴賢が乱を起こしたのは痴情のもつれから」説を推し進めた大内氏滅亡記。「おまえだけ」と言いながらいろんな男女に手を出していく大内義隆がだいたいあってるのが困る。

全2件中 1 - 2件を表示

妖臣伝―厳島合戦異聞〈上〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

妖臣伝―厳島合戦異聞〈上〉 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

妖臣伝―厳島合戦異聞〈上〉 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする