ビフォア・ラン (幻冬舎文庫)

  • 799人登録
  • 3.35評価
    • (40)
    • (80)
    • (237)
    • (22)
    • (3)
  • 86レビュー
著者 : 重松清
  • 幻冬舎 (1998年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877286514

ビフォア・ラン (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 重松清の小説デビュー作。
    運動部出身の落ちこぼれ男子3人プラス幼馴染の真面目な少女。ノイローゼの少女まゆみ除けば、主人公が定型的過ぎるかもしれません。このあたりがまだまだデビュー作らしい、生硬さを感じさせます。
    でも、好きなんです。こうゆう青春小説。
    ノイローゼ患者がいて、最後には死もあって、結構暗い深刻な話を含んでいるのですが、一方で笑いとか爽やかさのようなものもあり、なかなか楽しめます。

  • 「人気や尊敬や信頼は、友達を生む要素にはならない。」「尊敬されるひとりぼっちと、友達に恵まれた厄介者。どちらが幸せなのか。」…。生き方も、志向性も、才能も、そして性格も異なる高校生が、決して器用な生き方ではないが、真摯に懸命に生きていく姿を描く。決してハッピーエンドではないが、過去が欺瞞に満ちていたとしても、今この瞬間から自分や友の力を借りながら、その欺瞞を取り除くことはできるのだ。こういう一筋の光明を見せて、物語は少年少女を未来へと誘う。この微妙なバランスを生み出した著者はすばらしい。

  • 重松清のデビュー作である。まゆみの全てではないが、数年前の自分を見ているようなところもあって、読むのをやめようか?とも思ったが、苦しさを乗り切って読了した。

  • 何か違うと思ったのが率直な感想。

    高校生活最後の青春と友情、受験勉強、特にラストの終業式あたりの描写には、甘酸っぱさ、若さがあり情緒があって良い。

    ただ違和感があったところが多数あって、まずトラウマというテーマにのっとってまゆみを想像上で自殺させ、そんな面白くも得も無い遊びに付き合う友達。どんなにまゆみに振り回されて、授業や受験勉強を中断されても怒りも感じない。むしろ教師までグル。まゆみと紀子の現実逃避ぶりが理解不能で想像上(絵空事)すぎる。まゆみの親からのお礼も挨拶も無いどころか、連絡を怠ったため反感を食らうところ。優の男友達や、まゆみに悪口を言われた紀子まで、まゆみを100%かばい友達になりたがるところなど。etc…
    まゆみと紀子と優の学校の屋上で寝転がるところなどは、作者の好きな音楽の歌詞に話を無理矢理合わせたのか。

    普通の人間が持つであろう感情や行動に沿って書かれてないので、突拍子すぎるし、こじつけっぽいし、特に惹きつけるところも無く感情移入できなかった。

  • 重松さんのデビュー作。重松さんの青春が散りばめられた作品なのだろうと思います。トラウマに憧れるというのは共感しかねますが、一途に思いこむ、憧れるというのも若さの象徴かもしれませんね。
     紀子がこれからの長い人生を、きちんと生きていけることを願います。

  • 共感できるとこが少なくて…まゆみはかわいそうだけど、紀子には同情できない。優ちゃんは普通。たくさん出てくる歌詞も全くわからず、どこから歌詞でどこから会話なのかわかんない。

  • 現実感が乏しくて、ちょっと興ざめしてしまった。
    重松氏のファン故に、非常に残念でした。

  • なんかモヤモヤが残る。平凡ながらも友人と青春を謳歌している優。しかし、心を病んで退学したまゆみに再会して状況が変わる。本当の自分とか嘘の自分とか考えさせられる事はたくさんあるし、優や友達も高校を卒業し新たな出発というヒカリみたいなものも感じられるけどやっぱりモヤモヤ。

  • トラウマ、嘘、本当
    高校生の馬鹿話かと思いきや…
    あまり思い入れできる人もおらず、何か作った感がありあまり好きな作品ではありませんでした。
    重松さんのデビュー作らしいですね。

  • 自分たちに足りないのはトラウマだ。と考え死んでいない同級生のお墓を立てる。しかし、あろうことかその同級生が再び現れ、恋人のふりをしなければならなくなる。

    優たちの友情がとてもいい。でも、まゆみと紀子を見ていると辛くなった。もう少し救われても良かったのでは...。でも、重松さんの本は最後に前向きになれるのがとてもいいです!

全86件中 1 - 10件を表示

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ビフォア・ラン (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビフォア・ラン (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビフォア・ラン (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする