仮定の医学 (幻冬舎文庫)

  • 30人登録
  • 3.16評価
    • (2)
    • (2)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 清水ちなみ
  • 幻冬舎 (1998年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877286538

仮定の医学 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 体に関する「なんとなくそんな気がする」をお医者さんに科学してもらうという企画。
    雑学的な要素が多く、暇つぶしによかったです。

  • この人の着眼点、というのに、”おっ”と思わされることしばしば。あほーな内容もあるんだけれど、素人の視点でズカズカと専門家の先生に切り込んでいくところが痛快でもある。そうそう、それが知りたかったの!的感想が出てくる良書。個人的に”麻酔はカラダにとって毒である”ということが書いてあったことに膝を打つ思いがした。やっぱりそうだったでしょー!と叫んだ。医者に聞いても誰も教えてくれなかったんだもん。

全2件中 1 - 2件を表示

仮定の医学 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする