突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

  • 138人登録
  • 3.58評価
    • (12)
    • (8)
    • (30)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 宮崎学
  • 幻冬舎 (1998年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877286798

突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 超ピカレスク。これを読む立場にある自分は幸せだと思った。

  • 学生運動の部分は時代背景がわからず、話に入り込めない。
    挫折しかけたが、実家に帰ったあたりからまた話が面白くなってきた。

    また、上巻後半に書かれている職人の世界が経済的合理化により崩れていく様は今も続いてることであり、興味深い。

    追記
    下巻の途中で力尽きて読むのを断念

  • 「ヤクザと憲法」観たら、読むしかなかった。下巻で感想書きたい。

  • 面白い本!なんともすごい人生!(^∇^)。暴対法に関する意見は一般人にも説得力があったりすると思うな…

  • 京都のヤクザの家に産まれて、左翼になって学生闘争に身を投じ、週刊現代の記者を経て、地元に戻って土建屋再生に奮闘するまでを描く。

    突破者とは無茶をやる者、突っ張り者のこと。親方として部下には優しく、外にはきついことをやる。身体を張って身贔屓に徹する人のこと。
    男がどこかヤクザの世界に憧れてしまうのは、こういう人がいるからなんだろうなと思う。

  • 作者の破天荒な半生を描いた傑作。
    社会の仕組みなんかを併せて描いてるので面白い。

  • 熱い!!!

  • 著者の生き方に心から熱いものを感じた。世間一般の成功とベクトルは違っても、自分を持つものの輝きはうらやましい。アウトローの生き方も素晴らしい。そう思うようになった。

全8件中 1 - 8件を表示

突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)のその他の作品

宮崎学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)はこんな本です

突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

突破者―戦後史の陰を駆け抜けた50年〈上〉 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする