東京100発ガール (幻冬舎文庫)

  • 489人登録
  • 3.47評価
    • (40)
    • (42)
    • (134)
    • (10)
    • (2)
  • 52レビュー
著者 : 小林聡美
  • 幻冬舎 (1999年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877286897

東京100発ガール (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小林聡美のエッセイは好きだ。飾らない感じがいい。「分かる分かる。フフフ…」というネタで溢れていて、読み終わった後は面白かった~という清々しさでいっぱい。

  • 小林さんの本は、どれもおもしろくて好きです。
    こちらの本も、一気に読んでしまいました。

  • 癒されました。

  • 読書録「東京100発ガール」3

    著者 小林聡美
    出版 幻冬舎

    p146より引用
    “調子にのって、私も一週間連続装用のコン
    タクトレンズにすることにした。”

    目次から抜粋引用
    “花ドロボー
     たれ流し
     赤い椅子
     ご近所づきあい
     旅の身仕度”

     女優である著者による、日々の出来事を記
    したエッセイ集。
     彼氏の誕生日に飾る花についてから著者自
    身の手についてまで、本人撮影の写真などを
    添えて書かれています。

     上記の引用は、コンタクトレンズについて
    書かれたエピソードでの一文。
    一週間連続ですか…、あまり目には良くなさ
    そうです。コンタクトレンズ自体、視力の矯
    正方法として危険度が高い気がします。
    キチンと手入れをしていたとしても、眼球に
    直接何かを付けるのは、損傷の可能性が高ま
    るのではないかと思います。
     味わいのある写真が添えられていて、楽し
    い雰囲気の一冊です。

    ーーーーー

  • 単純に面白い!あるよね、あるよね~ということから、えっ、マジで?ということまであるけど、どれもこれも面白いエッセイ。

  • 2015/6/4 読了

  • 2015.4.1読了。図書館で借りた。
    2時間ぐらいで読み終えた。

    ざこばと大阪の子供たちとのキャンプの番組って一体何⁈ すごい気になった。若かりし頃はそんなお仕事もされてたんだと。お母さんとのパリ旅行の話も面白かった。
    忘れた頃また読んでみたい。

  • 小林聡美さんが若い頃のエッセイ。
    元気で素を出している感じがいい!女優さんとしても好きだけど、こんなエッセイも好きだな♪

  • 2012.06.20 読破。

    男らしいとか、サバサバしているとかじゃなく、さっぱりしていて素敵な女性。

  • 相変わらず面白い。
    これは三谷幸喜さんとの結婚直前に書かれたものらしい。
    仕事をバリバリしている女性の手のひらは皺をたくさん刻んでいる人が多いという記述に励まされた。
    当分彼女のエッセイにはまりそう。

全52件中 1 - 10件を表示

小林聡美の作品

東京100発ガール (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京100発ガール (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京100発ガール (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

東京100発ガール (幻冬舎文庫)のKindle版

東京100発ガール (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする