ナースをねらえ! (幻冬舎文庫)

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 小林光恵
  • 幻冬舎 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877286903

ナースをねらえ! (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『おたんこナース』の原作者で看護師の小林 光恵さんの看護エッセイ
    看護学生から新人ナース時代の様々な体験談を、短く(テレビのCMの間に読めるくらい)読みやすくし集めたエッセイ。

    滑稽話から胸に響く話までを、看護や医療現場をリアルに描写しておられる。
    かといって、思い返してみると、暗〜い話なんかはなく、いい意味でサッパリしている。

    本来辛いであろう話も、笑い話に変えておられる。
    こんな具合に自分の歴史を書きおこすことができたら、幸せだろうな。

    ----------------
    【内容(「BOOK」データベースより)】
    大学受験に失敗して、慌てて入った看護学校。志望の動機は“何となく…”。そこで経験したのは、幸福な出会いとほろ苦い別れ。孤独を隠すため、病室で通じていない携帯電話に向かって話すおじいさん、なぜかリハビリしない発明王、卒業式に泣いた鬼先生…。看護学生から新米ナース時代の、暢気でとぼけた泣き笑い成長物語。
    ————————
    【著者略歴 (「wikipedia」より)】
    小林 光恵(こばやし みつえ、1960年 - )
    茨城県立鉾田第一高等学校卒業。高校在学中は地学部やチアリーダーで活動をしていた。看護師、編集者などの経験を経て、著述業。
    漫画『おたんこナース』の原作者として一躍脚光を浴び、その原作を自ら小説化した『ぼけナース』を3巻まで出している。 また『ナースマン 新米看護士物語』は、2002年の日本テレビ系列のテレビドラマ『ナースマン』の原作にもなった。
    最近は、看護エッセイ、看護と医療現場の評論から、女性とその生き方をテーマに小説も含めた幅広い著述へと仕事の芸域を広げつつある。臨床の看護技術、特にターミナルケアやエンジェルメイクについては、継続的な関心を持っている。現在、茨城県つくば市在住。
    ----------------
    【目次】
    看護婦を目指した動機は何ですか?
    授業中に眠くなる原因は?
    思い出のボロロン
    空腹の寮生活
    大事な大事な夏休み
    夏バテにはドリンク剤、か?
    ワニ顔の先生
    看護婦の病院外の仕事
    看護学生って遊べるの?“イエース”
    今となっては幻のような国試の日

     ほか
    ----------------

  • 看護士さんの実体験物語。
    病院勤め苦労の裏にある楽しみや笑いを垣間見ました。

全2件中 1 - 2件を表示

ナースをねらえ! (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする