アジアの弟子 (幻冬舎文庫)

  • 37人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 下川裕治
  • 幻冬舎 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287122

アジアの弟子 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイではゆるやかな時間が流れていきます・・・。
    その日暮らしをするタイ人とその街が書かれています。
    勿論それは日本では通用しないのですが。

  • 新聞社を辞めて旅に出た27歳のときの心情やバンコク語学留学中の想いなど、下川裕治が自らの旅の原点、旅と自分との関わりを初めて記した秀作です。著者の他の著作とは一味違い、自分の内面を出していく語り口が鮮やか。旅行記というよりは、アジアという愛する場所との交友録といった趣です。

    「人が好むと好まざるとにかかわらず、自分ではどうしようもない吸引力でだれかに恋をするように、場所に恋してしまうこともある、とつねづね私は思っている」から始まる角田光代の解説も必見です。

  • 私のなかでインドといえば蔵前仁一さん、タイといえばこの下川裕治さん。 大学を卒業して、新聞社に勤めるが、27歳の時、仕事を辞めて旅に出る。 帰国して、いつのまにか再び日本の歯車に巻き込まれ、フリーライターに。 その後も時間を調整しては、アジアに向かう。彼の旅と人生のお話。 何冊か、彼の本を読みましたが、この本は彼の旅の原点のように感じました。

  • 読み易くて好きです。アジア旅行に惹かれる日本の若者のための本です。

全4件中 1 - 4件を表示

アジアの弟子 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アジアの弟子 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アジアの弟子 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする