俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)

  • 251人登録
  • 3.25評価
    • (9)
    • (40)
    • (87)
    • (10)
    • (5)
  • 44レビュー
著者 : 三谷幸喜
制作 : 唐仁原 教久 
  • 幻冬舎 (1999年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287153

俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コメディ、か?悲哀に富んだ人生活劇。
    もう少し人生経験を積んでから読み直したい。

  • 三谷作品大好きです。

    学生時代にサークルの先輩から借りた、VHSに録画された舞台(確か『ショウ・マスト・ゴー・オン』)めちゃめちゃ面白かったなー。DVD化してくれないかなー戯曲売ってくれないかなー絶対買うんだけどなー。
    『ラヂオの時間』とか『ステキな金縛り』とか『12人の優しい日本人』とか映画もイイですよねー。シナリオ出版してくれないかなー絶対買うんだけどなー。

    と、常日頃から溢れる”三谷欲”を持て余していたので、こちらの短編小説(?)を舐めるように拝読いたしました。

    好意を寄せる女性と映画を観に行くことに成功した奥手な男性が、ふと「今日は楽しかったね」的な内容の電話をかけてみようかと思い立ってしまったのが運の尽き。哀しくも滑稽な一夜が始まります。

    唐仁原教久氏の挿絵と相まって、こう、大人の絵本とでも言いましょうか、活字だけの小説よりもより演劇的な仕上がり。
    ってか、フォントサイズ変えるの卑怯です。それだけで笑っちゃう。

    ちなみにこの作品、高校の現代文の教科書に載ってる(=載せてる出版社もある)んですよね。どんな授業するんだろう……。

  • ストーカーの話。だと思う。女性との距離の取り方がわからない可愛そうな男の話かと思いきや、後半から狂気が盛りだくさんです。小指の先程度にゾッとしたいときにはおすすめの本。

  • 買うまでもない本だったな…。
    10分で読了。
    三谷さんの淡々とした文章と唐仁原さんの日常を切り抜いたような絵の共演はそれなりに味わいがあるものの、ひとつの作品として世に発表する価値がある内容か?という疑問も浮かんでしまった。

  • 迷ったらやめる。

  • 図書館の本

    一番最後の「学び」が一番良かった。
    なるほど、そういうものか。

  • 男のひとってかわいいなぁって、愛しくなってしまう本です☆

  • ごめん。実は立ち読みで読了。
    買おうと思ってパラパラ読みしたのに、買うまでもない内容だと思ってしまった。
    あるある的な せつない話。

  • 三谷幸喜ファンなので手に取った

    バブル期というほどのいやらしさは無いが
    リッチな時代のアーバン感が漂う世界

    根拠の無いプライドがあるが自分の空洞感も感じている
    シャイでロマンチックなタイプの男には覚えがある感情の動き

    青臭いが愛おしい

  • するっと読めてしまうが、内容的にはほとんどない。

全44件中 1 - 10件を表示

三谷幸喜の作品

俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)はこんな本です

俺はその夜多くのことを学んだ (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする