3LDK要塞 山崎家 (幻冬舎文庫)

  • 32人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 太田忠司
  • 幻冬舎 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287931

3LDK要塞 山崎家 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 笑えます。面白いです。

    新井素子さんのエッセイ「素子の読書あらかると」で紹介されていたので読みました。
    なんというか…所々吹きます。

    帯に面白いことがかいてあるみたいなんですけど、図書館で借りてきたから帯がないんです…orz

    つかこれのどこが本格ミステリーなんだよw(

  • 2004年7月31日読了

  • 素子の読書あらかると。「家庭内冒険小説 大型戦車隊VS山崎家。史上最大、地球規模の熾烈な攻防!愛する家族を守る、ケナゲな父の奮闘を描いた 本格推理にして、アクション満載の冒険巨編」って、どんなんだ?

  • 山崎家は普通の一家。
    普通のお父さんに、普通のお母さん。そして、普通に小学生な息子。
    ただ・・・世間様と一つだけ違うことは・・・お父さんは元正義の味方だったのです。
    彼等は普通に暮らし、お父さんは毎日会社へ行って、ローンを組み、念願のマイホームを建てました。
    しかしそこへ、一度は壊滅したはずの悪の組織『CRAB』の攻撃が始まった。
    悪の総統は、昔父に片思いをしていた元、女子大生・・・。
    父は、もう着ないと誓った筈のAPEスーツに身を包み、戦いへと赴くのであった。
    ・・・ああ、何か違う。上手く説明できないっ!!!
    人を喰ったような、おちゃらけているような、変な話。
    太田先生、こんな話は今まで無かったよう(;_;)。
    それはそれで、こーいう話も好きではあるが、この作家がやると何か違う。
    なまじ文章がしっかりしているものだから・・・何か違う〜・・・!
    息抜きにはいい話です。
    でも太田先生の推理物が好きな読者には・・・・・やっぱり、あまりお薦めできないなぁ・・・。うーむ。

  • タイトルに惹かれて借りてみたらアタリだった。面白い。普通を愛するお父さんの正体。所々に趣味が光る(笑)。

全6件中 1 - 6件を表示

3LDK要塞 山崎家 (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

3LDK要塞 山崎家 (幻冬舎文庫)はこんな本です

3LDK要塞 山崎家 (幻冬舎文庫)のKindle版

3LDK要塞 山崎家 (幻冬舎文庫)の新書

ツイートする