模造人格 (幻冬舎文庫)

  • 38人登録
  • 3.09評価
    • (0)
    • (1)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 北川歩実
  • 幻冬舎 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (601ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877287962

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

模造人格 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北川歩実さんの作品は常に医療の裏付けの香りがして、とても骨太で読みやすい。


    本作もとにかく、いったい何が真実で誰が誰、生き残ったのは誰で本当の悪は誰?
    と、はらはらしながら前半を終えた。
    後半を一気に読みきって、いや実際面白くはあったのだが・・


    なんだろう、この微妙な違和感は?


    折原一の倒錯モノのような入り組んだ構成に、ショックはまるで安孫子武丸の殺戮にいたる病レベル。
    あれ、でも、なんでこう、納得いかないんだ???


    うまくは言えないが、良く言えば余韻のある(謎を残した)、悪く言えば微妙にぼかした奇妙な残滓感が、
    どうも作品全体に流れているようでそこがとても気持ち悪い。

    なので、最後に爽快感がない。
    かといって二人に入れ込めるほどでもない。
    視野がくるくる変わるせいか、登場人物の誰にも感情移入できなくて、
    結果最後に誰の幸せを祈ればいいのかわからん。

    ということで、すごく凝った手のこんだ料理を食べたはいいが、なんだかちっともお腹がふくれなかった感じ。

  • 模造人格 / 書き下ろし
    解説 (吉野仁)

    『模造人格』 1996.10 幻冬舎刊 文庫化

    カバーデザイン 大路浩実
    カバーイラスト 大路浩実
    印刷 図書印刷
    製本 図書印刷

  • あいかわらず、この人の作品…好きだ✧٩(ˊωˋ*)و✧

  • 4年前の猟奇殺人の被害者が、記憶喪失者として現れる。彼女は本当は一体誰で、被害者なのか加害者なのか、二転三転していく。主人公が、被害者であり加害者であり探偵でもある「シンデレラの罠」と同じ手法だけど、シンデレラが常に主人公の視点で書かれてるのに対して、これは視点が様々に変わる。で、余計、混乱する。面白かったのだけど、ちょっとしつこかったかな。

全4件中 1 - 4件を表示

模造人格 (幻冬舎文庫)はこんな本です

模造人格 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする