深い深い夢の中 (幻冬舎文庫)

  • 146人登録
  • 3.16評価
    • (5)
    • (11)
    • (64)
    • (3)
    • (2)
  • 12レビュー
著者 : 狗飼恭子
  • 幻冬舎 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877288372

深い深い夢の中 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •   美雨みたいな女の子って身近に1人はいるものだと思う。
    自分じゃとても真似できないような可愛さに溢れた女の子。可愛くなろうとしている子は大好きなのだけど、美雨は別でした。何故なら裏表のある子だったから。それでも彼女が逸子のためにキレた時点からとても好きになりました。友達のためにキレたり泣いたりできる子が好き。

      愛は人を殺せると思う。美雨は二人から愛されすぎていた。
    もし美雨がどちらか片方を選ぶことができたならよかったのだけど、そうすることができなかった美雨は「失うくらいなら殺してしまおう」と思われることがあったかもしれない。そんな過激なことを二人は思わなかったかもしれないけど、愛されている限り可能性は充分にあったはずです。

      でも、本当に心配していたのは心が殺されることなんじゃないかと思うんです。自分が一番に想われたいと思いながら宇田川さんを愛する心。それこそが美雨が逃げてまで守りたかったものではないんでしょうか。美雨の残したハガキが大好き。彼女らしくて。

    ・愛するのと憎むのなんて、似たようなもんだもん。
    ・愛されることを求めるのなら、本当に愛したりしなければいい。
    愛したいなら、ただ一途に愛せばいい。

  • 主人公のコンプレックスをネガティブに表現しまくってる、前半が最低に面白くない。
    読んで損した気分になるわ。

    中盤以降は普通な感じでした。

    あとがきで作者が、「これからは明るく生きていきたいと思う」と書いてました。
    自分のコンプレックスを本にせんといてほしい。

  • 性格も容姿も全く違う、2人の女の子の物語。
    愛情とか友情とか、ぐるぐるぐるぐるして、
    でも読み終わったらすっきりする(o^-^o)

    (2007.05メモ→2010.04ブクログ)

  • 「家族って、新しくなったり古くなったりするものなの?」

    この言葉は凄いなぁと思う。
    本当にその通りだなぁ。

  • 読みやすかったです。対照的な二人で悩みはそれぞれ違うけど逃げたくなるような現実を抱えているのは皆同じなんだなととても共感しました。犬飼さんの話はどれも切なくてちょっと暗いかなと思うものが多いですが女の心の奥の部分を書くのは上手だなと思います。決して結ばれないけれど読み終わるといつも新たなスタートが切れそうなそんな気持ちになります。

  • 逸子と美雨、どちらも現実に居そうな二人。逸子に共感してしまう反面、美雨にも共感してしまうところが何度もあった。我侭で甘えん坊な美雨だけどすごく可愛いと感じた。私は逸子よりも美雨の方が好き。

  • 逸ちゃんの気持ちが痛いほど分る。

  • すごく寂しい。すごくよくわかる。少しだけ、よしもとばななさんのTUGUMIを思い出しました。すごく愛される人を妬みながらも、結局自分も彼女を愛してしまう。グルグルしてしまいます。世界で一番あなたが愛おしい。でも、少しだけあなたがいない世界を望んでしまう。

  • 美人でモテる従姉妹、美雨のことを羨ましく思っていた逸子のように、私も、「もし自分が美人だったらもっとモテただろうに」と思っていたけど、果たして「モテる=幸せ」だろうか?と考えさせられた一冊。
    美雨は、結局、愛してくれる人はたくさんいても、自分が本当に愛する人には愛してもらえなかった、本当の愛を知らなかった。それって可愛そうだ、と思った。痛々しい美雨より、私の方がずっとずっと幸せだと思った。

  • 恋人を殺し屋、と呼ぶ女の子。自分の中の変化に戸惑い、気づいている答えを選ぶことを恐れる女の子の物語。

全12件中 1 - 10件を表示

狗飼恭子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

深い深い夢の中 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

深い深い夢の中 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

深い深い夢の中 (幻冬舎文庫)はこんな本です

深い深い夢の中 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする