悪魔の羽根 (幻冬舎文庫)

  • 96人登録
  • 2.97評価
    • (1)
    • (2)
    • (29)
    • (5)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 幻冬舎 (2000年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877288679

悪魔の羽根 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (収録作品)指定席/ハイビスカスの森/秋早/はびこる思い出/悪魔の羽根/はなの便り/水虎

  • 全編ほんのり怖いストーリー。後味が不気味に終るのも1〜2話しかない、全体が爽やかな?ミステリーだった。この中では最終話が1番、えっ!てなったかなー。表題の悪魔の羽根は、親戚で同じような人が居ただけに大変だったんだろうなぁと今更思う。身体と心は繋がってるんだね。

  • 四季にまつわるオムニバス
    はなの便り(花粉症の女)
    あまり記憶に残らない

  • 出た乃南節。じわりと怖い心理サスペンス集。

全4件中 1 - 4件を表示

悪魔の羽根 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪魔の羽根 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪魔の羽根 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪魔の羽根 (幻冬舎文庫)の作品紹介

マニラから日本に来て銀行員に嫁ぎ、二児の母になったマイラは、新潟へ越して初めて雪を体験する。灰色の空から降り込める「悪魔の羽根」は、快活だったマイラをやがて蝕んで、家族の歯車は狂ってゆく-。表題作ほか、梅雨、台風、残暑など日本の豊かな四季が人間の心を追いつめ、狂気に駆り立てるさまを綴る心理サスペンス。

悪魔の羽根 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする