コンセント

  • 437人登録
  • 3.30評価
    • (22)
    • (50)
    • (141)
    • (12)
    • (6)
  • 53レビュー
  • 幻冬舎 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877289652

コンセントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんでこれを読んだのだろう...
    「事故物件の清掃」のドキュメンタリーをTVで見たのかしら。
    電波な人っていると思うから、その人の感じ方をのぞき見ることができた気がする。

  • イケメン汚物処理業者が出てきたときは、ヤダこの人カッコいいわ、惚れたわ、とか思ったのに、一発屋扱いで泣いた。昔はちょっと世間から見るとおかしいわー、って人は早々につまはじきにされてたような気がするけど、最近では、少なくともオーソリティの方々が表立って差別などしないし、ましてや本の世界では時として光を浴びたりもするんだけども、でも結局世間一般は厳しいわけで、だからこそそのギャップがこういう本を生んだりするんだろうか。そんな御託はともかく、後半に至るにつれて、なんかすごい事言おうとしてるんだろうけど、ぶっちゃけ退屈だったので、やっぱ最初のイケメンを無駄にしたことに不満があったんだろうかな。

  • ユキは兄の死をきっかけに、精神を病んでしまったのか、シャーマンの話とかも出てきてスピリチュアル的に覚醒してしまったのか、読んでいてこの世はそんな一面もあるのかもと考えたりして自分のいる現実世界がよくわからなくなってしまった。しかし最後は解体するってそういうこと?と思ってしまう終わりだった。

  • 兄の死をきっかけに、自分探しの旅に出る話。
    トランス状態、コンセントの意味などよく表現されている。
    ただ、性描写が異様に多い。主人公は見境なくやりすぎ。

  • 2001.1.9 読了

  • 村上龍は悔しかったろうなぁ。気が付いたら物語に飲み込まれていた。精神病、鬱病とか自分が知っている言葉で理解しようとすれば陳腐になりそうな話だ。村上龍は薬物を通して自分がわからない世界を見せてくれた。触れていいのか紙一重な所がヤバくいい感じがした。それがまさにユキなんだろうな。

  • 期待以上に面白かった

  • 田口ランディさんの本で初めて読んだのが この「コンセント」です。
    あと、「アンテナ」「モザイク」と長編3部作と聞いたので続けて読みましたが・・・。

    面白かったです。だから他のも読んでみたくなり読んだのですけど。
    読みやすいし。
    ただ、中盤以降ちょっとしんどかった。
    トランス状態な時。私には読むのがしんどかったです。
    映画化されると聞いた時は「ウソでしょ?」とビックリしてしまったのですがいかがだったのでしょう?
    上記の作品以外にもいろいろ読んだのですが、シャーマンとか神様のお話がよく出てきます。
    そういう部分が好き嫌いの分かれるところかもしれません。

  • この著者の本は初読だが、とてもinspireされた。
    女性にしか書けない。

    女「性」とは。スピリチュアルとは。

  • 衝撃的でスピリチュアルだった。
    共感できるところが多くて、あっという間に読んでしまった。

全53件中 1 - 10件を表示

田口ランディの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田口 ランディ
田口 ランディ
田口 ランディ
宮部 みゆき
宮部 みゆき
奥田 英朗
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

コンセントを本棚に登録しているひと

コンセントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コンセントを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする