悲しい物語―精霊の国に住む民ヤノマミ族

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : エドムンド ロドリゲス  Arnaldo Niskier  田所 清克  嶋村 朋子 
  • 国際語学社 (2007年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784877313777

悲しい物語―精霊の国に住む民ヤノマミ族の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

悲しい物語―精霊の国に住む民ヤノマミ族の作品紹介

ブラジルとベネズエラの国境のアマゾンの森に生活する、先住の民ヤノマミ族。そこは、まさに生命が息づく、自然と資源の豊かな地。ヤノマミ族は、自然と共存するために、彼らの始まりと生き方の示された物語を代々語り継いで守ってきました。しかし、語り継ぐべき物語を失った文明社会の人々によって、ヤノマミ族に悲劇がもたらされます。1993年、金の盗掘目当てに、オリノコ川支流のハシムーの集落が襲われたのです。エドムンド・ロドリゲスが挿絵を描き、アルナルド・ニスキエルの手による本作品は、先住の民の文明社会との共存を望む叫びを伝えるものです。

悲しい物語―精霊の国に住む民ヤノマミ族はこんな本です

ツイートする