スキャンダル〈1〉 (バニラ新書)

  • 43人登録
  • 3.15評価
    • (1)
    • (4)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 水壬楓子
制作 : 神城 アキラ 
  • コアマガジン (1999年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877342432

スキャンダル〈1〉 (バニラ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新装版を読んでどうしても削られた箇所を読みたくなり旧版も手に入れた!
    佑士の年齢が違ったりしますがほぼ同じく進んでいきます…
    削られた久賀と祥彰のシーンを読んでなんで削らなければいけないのかが分からなかった。私には重要なシーンのように思えたけどな… 大人の事情なのかしらね。
    書き下ろし、佑士と祥彰の初めてのH編です。本編ではちゃんと書かれていなかった部分が読めて良かった。
    パイナップルには笑ったけどw やっぱり瑞妃さんいいわぁ♪
    そして真に受ける佑士が可愛いです。

  • 政治家×少年 諸事情で新装版(リンクスロマンスの上下巻)は、
    主人公の年齢設定が変更されたとか…。

    詳細はブログの記事をご覧下さい。
    http://theodds.blog62.fc2.com/blog-entry-665.html

  • 新装版を読んだので旧版も。久賀とのHシーン、なぜ削除だったんだろう?祥彰の佑士への気持ちの強さが伝わるからあってもよかったのでは?旧版の書き下ろし『パイナップルはデザートに』、佑士が初めて天海家に来たときの様子や、祥彰との初夜のエピソードが読めて良かった。パイナップルについては笑かされました!

  • 【あらすじ】 「私の愛人になれば黙っていてやろう」代議士の天野祥彰(35)にささやかれたとき、猫の手術代のために万引きした、心優しい孤児佑士(14)の運命は変わった。祥彰と養子縁組をし、“夜のオツトメ”のため家に入った佑士。ウブな少年に、それはたまらなくつらい仕事だった。なのに佑士はいつしか祥彰を愛してしまう。彼を愛すれば愛するほど、自分が“欲望のハケ口”だと思いしらされて、傷つくだけなのに…。人気政治家の少年愛人になったことで政敵に誘拐・監禁され、汚い政界の渦にまきこまれていく孤児の数奇な運命―。大ヒットしたピカレスクロマンス「スキャンダル」が遂に、刊行!番外編“佑士と祥彰の初夜編”も収録。

    ぐうううう
    苦涙涙涙・・・・・

  • ◆ スキャンダル-01

    新装版〔幻冬舎・リンクスロマンス〕あり(2009/03/27)
    ・上巻:2009/03/31 ISBN:978-4-344-81620-6
    ・下巻:2009/03/31 ISBN:978-4-344-81621-3

  • どシリアス。全3巻。
     有力政治家の養子になった少年が政敵に誘拐され、強姦され、陵辱の限りを尽く
    されるという代物。

全7件中 1 - 7件を表示

水壬楓子の作品

スキャンダル〈1〉 (バニラ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スキャンダル〈1〉 (バニラ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スキャンダル〈1〉 (バニラ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

スキャンダル〈1〉 (バニラ新書)はこんな本です

ツイートする