秘する肉体―大野一雄の世界

  • 16人登録
  • 4.20評価
    • (3)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 大野慶人  クレオ 
  • かんた (2006年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877361136

秘する肉体―大野一雄の世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しい美しくないで言ったら全く美しくないのだけど、てかむしろさぶいぼさぶいぼおぞましくも思ってしまうのだけど、どこか惹きつけられて見入ってしまう引力があった。その実「老いさらばえた骨皮の躍動」としか捉えられないのだが、境界線ぎりぎりの生がそこに存在し、肉体もとい奇怪な動きであったり表情であったりに、他を寄せつけるつもりが毛頭ない個としての凄みがある。そういった経緯でこの爺さんの虜になってしまった。素晴らしい表現者だと思う。

  • 身体表現の極み。
    年を重ねるごとに、美しくなれる。

全2件中 1 - 2件を表示

秘する肉体―大野一雄の世界はこんな本です

ツイートする