生命・宇宙・人類

  • 34人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 埴谷雄高
  • 角川春樹事務所 (1996年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877380045

生命・宇宙・人類の感想・レビュー・書評

  • 立花隆によるインタビュー、中村真一郎、鶴見俊輔、小川国夫、加賀乙彦、島田雅彦から埴谷雄高への手紙(形式の文章)などなど。自宅で撮影された写真が多く掲載されており、ファンにはたまらないのでは。

    対話であっても引用に例を挙げたような言葉があふれており、正直に言ってなんだかよくわからない。自分には抽象的に考える力(志向)が全然ないんだと思う。でも埴谷さんの関心事のレイヤーのようなものが窺えるのは確か。『死霊』の前に読んでたら、『死霊』の読み方も違ったかもわからない。

  • 猿の首をちょん切って別の猿とすげかえる。

    おまえが好きか嫌いかということは、はじめのはじめの原始本能。

  • 埴谷雄高、吉本隆明、高橋和己の本は、若いころ本棚を占領していた。良く分からなかったが、時代だったのだろう。お金もないのに良く買えたものだ。

全3件中 1 - 3件を表示

生命・宇宙・人類はこんな本です

生命・宇宙・人類の単行本

ツイートする