ぼくの生きかた

  • 53人登録
  • 3.82評価
    • (6)
    • (8)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 島田紳助
  • KTC中央出版 (2001年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877582050

ぼくの生きかたの感想・レビュー・書評

  • これからは、個人個人で、何を幸せと思うか、を考えていかなければならない時代になったんです。
    ぼくは、そのときから、お金以外の幸せ、仕事の成功以外の幸せを探し始めたからだ。
    うまくいかないときは、いつも「もういいや」と居直ること。

  • お笑いについてではなく、人生や価値観などに書かれていて面白い。

    知識でものを言っているというのではなく、体験や、体で覚えたことを言っていると言う感じなので、その辺の評論家にはない、変な説得力がある。

  • 島田紳助の人生観が詰まった本。
    『行列のできる法律相談所』とか、全然法律番組じゃないじゃん!って思ってたけど、『感動させること』をしたいっていう彼の思いに沿ってるからなんだ。
    中央出版の思惑通りだけど、娘との話、育て方・教育方針は、教育のあるべき姿だな。と思った。
    しっかり理由を伝えて叱ること。その理由が納得できる理由なこと。
    当たり前のようで、理想だと思うが、なかなかできる人はいない。

    子どもを育てる上で、大切にしたいと思うことが書いてある本。
    いつか、そういう環境になったらまた読み返してみたいと思う。

  • 図書館で借りて読んだんだけれど、後々購入しようと思っている。これは人生の教科書だよ。

  • テレビで見る島田紳助さんとはまた違う一面が見える。不便な田舎暮らしを満喫するスタイルや、家族への思い、子ども達への教育方針など、考え方には非常に共感できた。人生の楽しみ方、新しい幸せの見つけ方を知っている、頭のいい人だなと思った。

  • 島田紳助を尊敬してるわけですが,中でもこの本が一番好きです.こんな人間(オトナ)になりたいと思うようになった.

全7件中 1 - 7件を表示

ぼくの生きかたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくの生きかたの作品紹介

「えせ田舎暮らし」その後、仕事の環境の整えかた、友だちとのつきあいかた、夫婦のありかた、子育て、新しい価値観、これからの夢…。島田紳助・四十五歳のすべて。

ぼくの生きかたはこんな本です

ツイートする