フウチ〈1〉

  • 41人登録
  • 3.32評価
    • (2)
    • (4)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • アノニマスタジオ (2004年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (41ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877586072

フウチ〈1〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 多くの雑誌がゾロゾロと創刊されている。
    「暮らし」を扱った雑誌もウヨウヨワサワサだ。

    ku-nelが創刊されたときは、ちょっとした衝撃だった。
    でも、arne・天然生活・lingkaranと、
    今では同じようで(でも少し違う)雑誌が山盛り。
    嬉しいけど、ちょっとオナカイッパイ。もういいです〜という気もする。

    なんてコトを言いつつも、取りこぼしなく満遍なく手にしている私。
    出版業界の思う壺。いいように踊らされております。

    先月末に創刊された「fu-chi」も やっぱり買ってしまいました。
    アハハハ

    これは、アノニマスタジオから出ているんですよ。
    私の愛読書を多数出版している会社。
    今回もニクイ小冊子を出してきました。

    まず、全部で40ページ余りという薄さがいい。
    薄いんだけど内容は濃ゆいのです。
    厚くて読み応えタップリ!というのも大好きなんですが
    どうにも「読むべき本」が多すぎる私。この薄さは結構助かります。

    巻頭特集は猪熊弦一郎氏でした。
    「え?猪熊さんって?」なんてレベルの私。
    三越の包装紙を手掛けた人・・・といわれて「あぁ!」と思うくらいです。
    でも、この特集はとても面白かったし、取り上げられてる作品だとか
    彼のコレクションの興味深い事!
    ステキな人を紹介してくれて、どうもありがとう!という気分です。

    次号発行予定は、来年の春。待ち遠しいですねぇ。
    でも、このくらいのペースが丁度良いのだと思います。
    ku-nelだって、最初の3号の方が面白いですから・・・・

  • のんびり、カフェ気分で眺める雑誌。 この頃のフウチがイチバン好き。

  • ああ、こんな素敵な生活してみたいなあ〜。こんな素敵なお店に行ってみたいなあ〜。と思わせてくれます。記事も必要以上にオシャレやらに固執していない、あっさりとした文章でイヤミがありませんし、好きなものを純粋に追いかけてるという気概が伝わって来て、読み手もチョッピリ幸せ気分を味わえます。コーヒー片手にのんびり読みたい雑誌。

全3件中 1 - 3件を表示

フウチ〈1〉を本棚に登録しているひと

フウチ〈1〉を本棚に「積読」で登録しているひと

フウチ〈1〉はこんな本です

ツイートする