内藤三重子さんのこと

  • 26人登録
  • 3.92評価
    • (2)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 村椿菜文
  • アノニマスタジオ (2005年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877586195

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平松 洋子
菊池 亜希子
西 加奈子
伊藤 まさこ
かわしま よう子
有効な右矢印 無効な右矢印

内藤三重子さんのことの感想・レビュー・書評

  • 以前から読みたいと思っていた。でも読みたいと思っていたことを忘れていた。
    最近発刊された雑誌で、村椿菜文さんのことばを目にして、気になってしらべてみたらこの本の著者だった。(点と点がつながったかんじ!)
    義母とひとことではかたづけられない、身近なすてきな女性について村椿さんが真摯なことばで語っている。

  • 昨年、外苑前のタンバリンギャラリーにて個展を拝見した内藤三重子さん。その義嫁にあたる村椿さんの文章は、柔らかさと優しい人柄が素直に現れていて読みやすい。そして、なによりものづくり、生活、人生を楽しんでいる内藤さんの姿が微笑ましい。

  • 内藤三重子さんというアーティストのことを、息子の伴侶である著者がつれづれなるままに描く。骨の髄から自然態な、けれどどこまでもアーティストであり、どこまでも温かな人柄の姑のことを限りない愛情と尊敬をこめて描写している。ふたりのその関係が、これまた著者の人柄あふれる心憎い文章からにじみでて、じんわりと幸せになる本。

  • きれいな本。

    本からたちのぼるきれいな空気に心も体も
    いっぱい清浄されました。

    ひとときふれあった、あの笑顔のみなもとが、
    娘さんの視点で優しく的確に紐解かれている。

    こんな母娘関係、素敵。

    そしてやっぱり、内藤さんご本人、本当に
    素敵な方。

    lovefigaro様、
    出会いをありがとうございました。

  • 人生を波乗りのように楽しんでいる内藤さんの暮らし方。
    学ぶものがあります。
    HAND&SOULの開店、楽しみですね。

  • じんわりと入っていく。本で初めて出会ったけど、内藤三重子さんは素敵なひと。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする