文房具で包む

  • 80人登録
  • 3.14評価
    • (5)
    • (2)
    • (15)
    • (4)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 井上由季子
  • アノニマスタジオ (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877586430

文房具で包むの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはセンスが問われる包み方。
    ラフな付き合いの友達や、ちょっとしたお返しになら使えそう。

  • 普段使っているあまり文房具を活かしちゃう。
    発想が面白い。

    ひと手間かけてあるように見せるのは素敵ですね。
    友達とか、軽いやりとりには使えそう。

  • 机周りにある身近な文房具を使ったラッピング本
    …のはずがラッピングというにはかなりツラいものもチラホラ
    ゼムクリップと輪ゴム、ホッチキスが特に苦しい 苦しすぎる
    (逆に面白いので借りてしまった)

  • アートすぎ?もう少し実用的だとよかったんだけど。

  • 発想の転換。
    仕事で使っている、事務用品や文房具がかわいく見えてきた。
    どこにでもあるもので、はっとするような素敵な贈り物になる。

  • 包めてないだろ!ってのもあるけど、アイデアとしてはなかなか。
    養生テープほしい。

  • 2008/3
    タイトルどおり、プレゼントをするときに文房具でラッピングしたものを紹介した一冊。でも、“包む”という単語を一般的に使われているものとは違う定義づけされているので、こういう表現方法もあるんだなと感じさせてくれる。

  • 輪ゴム、ゼムクリップ、タックシール、
    ノート、丸シール…等、
    職場や家庭でとても身近な文房具で、
    ラッピングを提案している本です。
    文房具好きとしては、
    惹かれるテーマで即購入。
    かなり『眼から鱗』的アイデア。

    そう!『パンチ穴補強シール』
    前から可愛いと思ってたのよねぇぇぇ!

    ただ、身近な文房具なだけに、
    真似をするには、
    かなり、センスが問われる…かな、と。
    例えば、
    ルーズリーフでラッピングとか、
    結構…紙一重よねぇ(紙だけに?か?/寒)

    私のセンスでも対応出来そうなものから、
    取り入れようと思いました。

    取り敢えず、
    単語帳で作るタグから取り入れようと思い、
    同日、無印良品で買って帰りました(単純だな私)

  • 工夫次第でいろんな文房具で包める。でもなんか包みかたはごちゃごちゃしてていまひとつ

  • 2007.6/16
     期待したほどかわいいと思えるものがない。センスの問題だろうけど、これじゃごみがくっついているようなものだ・・・みたいなのもちらほら。

全11件中 1 - 10件を表示

文房具で包むを本棚に登録しているひと

文房具で包むを本棚に「読みたい」で登録しているひと

文房具で包むを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文房具で包むを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文房具で包むはこんな本です

ツイートする